« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

3月29日 昨日から誕生したトウキョウサンショウウオの幼生は29日の昼までに7匹になった

YOUTUBEから4匹目5匹目の誕生をみることができる

3月28日 卵嚢から脱出 トウキョウサンショウウオ

2012年3月27日 (火)

3月26日 太陽の光を浴びて気持ちよさそうに動くトウキョウサンショウウオの子供たち

日に日に成長するトウキョウサンショウウオの子供たちをYOUTUBEから動画配信

2012年3月26日 (月)

3月25日 春のお花見会 

016_2

2012年3月25日 晴れ 梅と椿が満開 総勢16名で、三條場洋子さんのつくった昼食をご馳走になった。 その後、里山見学と田んぼビオトープで生きもの観察・そして夕方からは、トウキョウサンショウウオの撮影・編集見学をしながら漆畑さんが持ってきたワインで楽しいひと時を過ごした。 

017_2

018

019

020

021

022

023

024

025

026

 

2012年3月25日 (日)

3月24日 春を待つトウキョウサンショウウオの親子 里山の生きものたち 科学映像館

YOUTUBEから動画配信 科学映像館 2012年3月24日 遅い春もお彼岸を過ぎ、トウキョウサンショウウオの親子にも春がそこまできている。

 

この撮影は、木更津市中尾の平野さん、そして清見台の淵田さんの協力によって実現しました。 ありがとうございます。

014

撮影の様子を紹介します。

009_2

012

2012年3月19日 (月)

3月19日〔日〕田んぼビオトープの山側の水路改修 小杉さんの頑張り

小杉さんの頑張りをYOUTUBEから動画配信

木更津伊豆島プロジェクトの田んぼの一番下の田んぼの水路は2本あったが、これまで山側の水路は放置していた。田んぼの水を切りやすくするために、山側の水路も改修して使うことにより、大雨が降ったときの水の流れを改善できるのではと思い改修を行った。この作業はなれない素人にはきつい作業だが、小杉さんと2人で行うと作業が進む。小杉さんの頑張りに感謝

002

2012年3月15日 (木)

北側斜面の椿の林

004

001_2

002

003_2

005_2

 

006_1280x960

007_2

008

009

011

012_2

013

014

015

016

023

021

024

025

026_2

3月14日 屋敷跡北側斜面100メートル東側斜面30メートルの整備完了

1月から淵田さんと2人で整備を行っていた北側斜面もようやく今日で終了した。 斜面を徹底的にきれいにしたら11本の椿がきれいに浮き上がった。 035

037

034

]028_2

032

031

2012年3月12日 (月)

3月12日 暖かさに誘われて梅は5分咲き

002

 

003_1280x960

001

3月11日 隣の田んぼで、トウキョウサンショウウオの卵嚢を小杉さんと2人で大量発見〔約50)

その様子をYOUTUBEから動画配信

今年は、トウキョウサンショウウオの産卵はもう終わりだと思っていたところ、3月11日の午後、いつもの年は、30あまりの卵嚢が観察される田んぼで、今年はどうしてないの­だろうと思い、念のために観に行くと、一瞬。目が点・大量の卵嚢ガ塊になってある。こんな多くの塊はこれまで見たことがない。 昨日まで何もなかったのだ。畦には、穴が開き山からの水がチョロチョロ流れ出ている、先週来の大量の雨で、ふさがれていた出口が開き、その中にトウキョウサンショウウオは産卵して­いたのだ。  この田んぼの下の水路でも6、7個の卵嚢ガ観られる。 下の隣の田んぼでは、今年は少ないなあと思っていたのだが、今日、約50あまりの卵黄が見つかった。山から続く小さなトンネルに毎年トウキョウサンショウウオは産卵してい­たのだ。 この地域のトウキョウサンショウウオの卵嚢の数は一挙に136個になった。 この日は、横浜の小杉さんと田んぼビオトープの水の流れを最上流から下流までを調査していた。  その結果、①の田んぼビオトープに流入する水量は1日あたり48立方メートル/約48トン 木更津の水道料金で換算すると1日あたり約1万2千円。出口の③の水量は194立方メートル・約194トン 1日あたり約4万8千円にもなる。 トウキョウサンショウウオの大量発見で、大興奮。。。。  この場所は、まもなくトラクターで代かきが始まるので、小杉さんが丁寧に採集し、安全な場所に移動した。 

2012年3月10日 (土)

きさらづ里山の会の柴崎則雄さん所有の笹子城址を見学 

戦国時代 文明年間(1469から1487)真理谷信興によって築城されたといわれる岡城。伊豆島より直線で4キロメートルのところにある。3月10日、雨も小降りになったので、柴崎さんの家をたづねた。笹子城址は本当に柴崎さん裏山一帯でした。柴崎さんの許可をもらい笹子城址を見学させていただいた。〔この笹子城址は、柴崎さん個人所有の私有地なので入ることは禁止されているのでご注意ください); 世が世ならば柴崎さんはこのお城のお殿様だったのでは。そんな思いがこみ上げてきた。

016_5

柴崎さん宅入り口 大きな長屋門がある

004

003

005

006

007

013_2

008

009

010

011

2012年3月 9日 (金)

3月9日 田んぼビオトープへ流れ込む水①②・そして一番したの田んぼから流れ出る大量の水③ 

田んぼビオトープへ流入①② 全流出③ 002

 

 

ヤブ椿満開 3月9日 雨 気温7度

019

屋敷跡の北側斜面約100メートルには11本のヤブ椿〔樹齢役50年)。7年前斜面を伐採したときに、この土手をヤブ椿の土手にしようと思い自生していたヤブ椿を残した。この地方では、野生の椿がヤブの中に多く自生している。

020_1280x960

あと1週間ぐらいで、地面は赤い椿の花で埋め尽くされる。

021_1280x960_3

022_1280x960

023_2

2012年3月 8日 (木)

今年のトウキョウサンショウウオ報告 2012年3月8日現在

2012年度トウキョウサンショウウオ報告3月8日現在 ●トラップで捕獲したトウキョウサンショウウオ5匹●観察されたトウキョウサンショウウオ3匹 ●トウキョウサンショウウオの卵嚢 76個

029

今日、発見したトウキョウサンショウウオの卵黄 一番上段のビオトープで。YOUTUBEより動画配信

001_4

木更津伊豆島プロジェクト 田んぼビオトープ入り口 昨年までは右手の地曳さんの田んぼの山側に卵嚢が30あまり観察されたが、今年は、水路が埋まってしまったので1つもみることができなくなった。その代わりに、これまで、観察されなかった軽トラックの下の水路には、48個もの卵嚢が観察された。この水路は、昨年は、水が少なくかったが、今年は、水路を塞いだ影響と山からの染み出してくる水が多いせいか、卵嚢が48個も観察された。そのほかの場所は、例年どおりの場所にみることができた。 今年は、捕獲トラップに5匹のトウキョウサンショウウオの親が捕獲された。そのほか、水路で3匹の親も観察された。

003

002

006

027

028_2

007

026

008

009

010

015

011

021_2

023

024

025

 

2012年3月 7日 (水)

田んぼビオトープの水路掘削  3月6日

3月4日に小杉さんと行った水路改修を、今日は,本格的に水位を下げるために下流まで30センチほど掘削を行った。

YOUTUBEから動画配信

009

008

012_2

3月6日 春が近づく伊豆島 椿は満開 梅はようやく咲き始めた 田んぼは2日間の雨で水量豊富

015

014

田んぼビオトープの様子YOUTUBEから動画配信

004

005

003_2

006

2012年3月 5日 (月)

3月5日 一日中雨 先日の側溝の排水工事と道路に砂利を播いた結果を確認・結果は良好

屋敷跡に登る坂道とその上のロータリーには、合計約3トンの砂利を播いた。大雨のときには、これまで車が入れなったが、このとおり大雨の中でも入れるようになった。素晴らしい。  道路わきに20メートルほど掘った側溝もうまく機能している

015

012

022_2

020

3月4日 淵田弥吉さんの薪作り

007 淵田弥吉さんの執念の薪作りも、今日、この様に棚にいっぱいになった.すばらしい。ご苦労様。  この日、今年から田んぼを始める小杉さんにチェンソーで薪を切ることを丁寧に教えていた。  小杉さんは、チェンソーはこの日初めてとのことだが、決まっている。その様子をYOUTUBEからみることガできる。

001_2

003

004

006

2012年3月 2日 (金)

3月2日 雨の中、ぬかるみ解消のため砂利を1,25トン播く淵田弥吉さん

036

淵田弥吉さんの勇士・この砂利は、袖ヶ浦市神納にある広域環境開発〔株)から購入・1トンまでの基本料金が1500円で1トン増すごとに700円。ホームセンターで購入する十分の一。安い・淵田さんがネットで調べてくれた。感謝

 

035_3

 

039

 

034

 

040 雨の中ずぶぬれになって深さ30センチの側溝を掘る

 

045

これで車がぬかるみにはまることはなくなるだろう

 

046

3月1日 田んぼビオトープではウグイスが鳴き始めた

昨日の関東地方での大雪は、伊豆島では雨交じりのみぞれ、横浜では積雪7センチ。鴨川の大山千枚田では5センチの積雪。3月1日 今日はじめて田んぼでウグイスの声を聞いた。

027_2

028

029_2

 

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »