« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月23日 (月)

7月22日小杉さん三條場さん田んぼビオトープ観察

004_1024x768_2

あ地こちの田んぼで出穂が見られる・一番多い田んぼは、信田田んぼの30本。

007_1024x768_2

008_1024x768_2

三條場さんが小杉田んぼで出穂を見つける

009_1024x768_2

011_1024x768_3

012_1024x768

小杉田んぼでは、昨日に続いて2番目の出穂を確認する小杉さん。

013_1024x768

017_1024x768_2

019_1024x768_2

020_1024x768_2

 

2012年7月21日 (土)

7月21日 午後 小杉田んぼでも出穂始まる

午前中、石井さん三條場さんの3人で、小杉田んぼの出穂をくまなく捜したが、見つけることができなかった。
 このとき稲たちに、午後は小杉さんが来るから、そのときは1本でもよいから穂を出しておくようにと稲たちにお願いした。
夕方小杉さんと三條場さんの3人で田んぼを見に行った。
小杉さんの声があがった。
 穂が出ているのだ・一同感激・良かった・稲たちに感謝。
そのときの写真がこれだ。

009_768x1024_2

010_1024x768_2


018_1024x768


019_1024x768_2


2012年7月20日 (金)

7月20日 出穂開始(しゅすい) 一番上の田んぼビオトープで穂が3本発見。

013_1024x768_2

昨年は、出穂が始まったのは7月23日から、今年は、今日20日から出穂が始まった。


008_1024x768_2


002_768x1024_2

2012年7月18日 (水)

7月16日の午後 里山ツリーハウス 作業開始

作業に必要な道具を、隣の家の尾高康雄さんからお借りすることができ、この日の作業はグーンと進んだ。感謝/・・・まづ、重いものを持ち上げるためのワイヤーと滑車のテスト・7,3メートルのアルミはしごをケヤキの大木に取り付け作業・工事のための周辺の土地の草刈・掛け終えたアルミ梯子に乗り眺望の体感・ここから望む夕焼けは感動もの

035_1024x768_2


036_1024x768_2


037_768x1024_2


039_1024x768_2


040_1024x768_2

047_1024x768_2


045_768x1024_2


044_1024x768_2


048_1024x768_2


049_1024x768_2


051_1024x768_2


052_768x1024_2


053_1024x768_2


054_1024x768_2


055_1024x768_2


056_1024x768_2


059_768x1024_2


060_768x1024_2


061_768x1024_2


064_768x1024_2


065_768x1024_2

068_768x1024_2


067_1024x768_2


Img_0541_1024x768


Img_0543_1024x768_2


Img_0544_1024x768_2


Img_0546_1024x768_2


Img_0549_1024x768_2

Img_0565_768x1024_2


Img_0571_1024x768_2


Img_0536_1024x768_2


7月16日 田んぼビオトープ 和嶋さん親子 木更津高専 湯谷先生と生物研究同好会のメンバー

001_1024x768_2

003_1024x768_2


004_1024x768_2

041_1024x768_2


013_1024x768_2


014_1024x768_2


015_1024x768

017_1024x768_2


020_1024x768_2


2012年7月11日 (水)

7月10日中干しのため排水開始・この日地元の小学生51名が田んぼビオトープに生きもの観察に

youtubeから動画配信 7月10日中干しのため排水開始


018_1024x768_2


はじめは、小杉田んぼから排水開始


013_1024x768_2


014_1024x768_2


石井田んぼからの排水

017_768x1024_2

005_1024x768_2


この日地元の小学生51名が田んぼビオトープに生きもの観察に。

006_1024x768_2

007_1024x768_2


子供たちは、田んぼビオトープで、トウキョウサンショウウオ・マツモムシ・タガメ・ドジョウ・オタマジャクシなどを次々に発見し興味深く観察をしていたのが印象的。

009_1024x768_2


010_1024x768_2


田んぼの生きものたちが稲を育てている・生きものいっぱいの田んぼが存在する・農薬を使わなくても米作りができる・このことを子供たちがいつの日か気づくことを期待して。この日も目の前にイデイス・コッブの世界が
広がった。

イデイス・コッブ The Ecology of Imagination in Childhood by Edith Cobb イデイス・コッブ著 イマジナーションの生態学 子供時代の自然との詩的交感
へリンク

http://sciencenet.cocolog-nifty.com/kisarazuizushima/0127.html
●黒坂三和子さんのブログへリンク
http://miwako-kurosaka.com/

2012年7月 9日 (月)

7月8日 和嶋さん石井さん田んぼの草取り 稲約70センチ 畔刈り 水路確保 水量測定1日約40トン

001_1024x768_2

002_1024x768_2

007_1024x768


004_1024x768_2


005_1024x768_2


006_1024x768_2


稲の丈は約く70センチ

010_1024x768_2


027_1024x768_2


028_1024x768_2


020_1024x768_2


021_1024x768_2


015_1024x768_2


014_1024x768_2


013_1024x768_2


018_1024x768


025_1024x768


026_1024x768_2


029_1024x768


031_1024x768

034_1024x768_4
一番上の田んぼビオトープの水路をふさぎ貯水開始 1日約40トンの水を貯水

037_1024x768


下流の水路確保


038_1024x768_2


039_1024x768_2

2012年7月 8日 (日)

7月7日 小杉一家の田んぼの草取り

朝8時30分屋敷跡に集合すると小杉さんの車がとまっているが誰もいない・朝早くきてもう草取りを始めてのでは、と思い軽トラックに機材を詰め込みあとを追う・堰のところまで来ると遠くに人影が見える・やはりもう草取りを始めていた・今日は一人ではなく奥さんも草取りをしている。

003_1024x768

004_1024x768 この小杉田んぼが一番草取りが成功している・次は中干しのタイミングをいつの日にするかが課題だ。    10日の日に南清小の5年生が田んぼビオトープの生きもの観察に来るので、畦・土手・道の草刈もおこなった。 そのあと、屋敷あとの草刈を6時までおこなったが、3分の一しかできなかった。今の時期は草の成長は、田んぼでもどこでも異常なくらい早い。

2012年7月 2日 (月)

7月1日 早朝7時より昨日に続けて田んぼの草取りをする小杉さん・和嶋田んぼ、信田田んぼ、高専田んぼの3枚の田んぼ野草取りをする和嶋さん(感謝)

028_1024x768_2


昨日やり残したところの草取りを手で丁寧におこないました。

018_1024x768_2


昼過ぎまで5時間あまり連続でおこなったので体力の限界を超えていました。

029_1024x768_2


和嶋さんの草取りは、和嶋田んぼから,信田田んぼ、高専田んぼへと1人で熱心に草取りをおこなってくれました。(感謝)

033_1024x768_2


032_1024x768_2

6月30日 朝早くからひようたんの手入れをする斉藤さん・田んぼ組みの石井さん小杉さん親子

004_1024x768_2


ひようたんの棚の前の斉藤さん


005_768x1024_2


002_1024x768_2


石井さん・尾高・小杉さん親子 撮影は斉藤さん

007_1024x768_2

006_1024x768_2


010_1024x768_2


013_1024x768_2


017_1024x768_2

020_1024x768_2


022_1024x768_2


023_1024x768_2


冒険遊び場での子供たち


« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

最近の記事