« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

2月28日(木) 木更津高専の4年生による 木更津の里山の現状と活用法の取り組みのための事前準備

004_768x1024_2

2月最後のこの日、3月3日の本番に向けての下準備のために、今回の企画案を具体化させる4人のメンバー〔宇佐美君を中心に)が中尾の里山を訪ねてきた。(男性3名に女性一人)・まずは、樹齢約350年の椎の木の大木の前で記念撮影。

 

043_2

木更津の里山の現状と活用法のまとめと企画書(3月3日のスケジュール表)

053_946x1024_2

 

003_1024x768_2

家の前の排水路の様子を観察

昨年の11月に木更津高専の学生たちの手で着手した竹林の伐採は、この日までに完了。

022_768x1024

029_1024x768_2

038_1024x768_2

伐採された大部分の竹はすべて片付けられている

006_1024x715_2

伐採された後の里山は日が差し込み日向ぼっこに最高。

 

009_1024x768

山の神様の前で。

010_1024x768_2

011_1024x768_2

013_1024x768_2

お稲荷さんの前で

014_1024x746

015_1024x768_2

昨日まで見当たらなかったフキノトウが陽だまりのあちこちで見られた

032_1024x768

フキノトウ

007_1024x768_2

里山再生。里山原風景の新たなる視座を求めての試み・風景芸術家(田窪恭治)のフランス・ノルマンジーの林檎の礼拝堂プロジェクトの作品を鑑賞。

018_1024x768_2

019_1024x768_2

016_1024x768_2

017_1024x768_2

018_1024x768_4

021_1024x768_2

005_1024x742_2

1階の窓側に展示しているシアノバクテリアの化石・ストロマトライトを見つけておもわずほうずりする。 かの女の感性に乾杯・・・・・・・。

022_1024x768_2

増田君が手際よくご飯を炊き、皆で昼食を準備。

023_1024x768_2

024_1024x846_2

025_1024x768_2

026_1024x768_2

 昼食後。木更津高専まで、自転車で。

027_1024x768_2

最後に玄関の前のソテツの大木の前で記念撮影・里山に春の暖かい風が吹き向けた1日だった。

2月28日(木) 木更津高専の4年生による 木更津の里山の現状と活用法の取り組みのための準備

2013年2月23日 (土)

2月23日 竹林伐採・片付けは、あと2・3日で終わる

034_1024x768_2

あと2.3日で終了する・伐採した竹を除くと北風を遮断した南向きの美しい里山が現れてきた。

各写真をクリックすると写真が大きく拡大します。

029_1024x768

030_1024x768_2

033_1024x768

 

026_1024x768_4

025_1024x768

024_768x1024_2

お稲荷さんの鳥居も赤く塗りなおした。

023_753x1024_2

022_768x1024_2

020_768x1024_2

019_1024x768_2

017_768x1024

016_1024x768_2

014_1024x768_2

庭に運びだした古竹

012_1024x768_2

燃やし場所の家の前の田んぼには、こんなにたくさんの竹がたまった。

 

2013年2月22日 (金)

2月20日 ツリーハウス模型 ビデオ撮影準備

007_1024x768_2

006_1024x768_2

001_1024x768_4

003_1024x768_2

004_1024x768_7

005_1024x768_4

010_1024x768_4

008_1024x768_6

この後、伐採した竹林に模型を持って行き、写真撮影を行った。夕日の光が模型を照らし出し、とても良い写真が 取れているのでは。

 

 

012_1024x768_2

この後、皆で夕食を食べるため、籾から白米にするために籾すりを行った。

013_1024x768_4

約40分後、こんなに綺麗な白米になった。このお米をすぐに炊いた。7合炊いたが5人でアットいうまになくなった。 やはり,皆で食べるお米はおいしい。

 

2月17日 君津中学の科学部のトウキョウサンショウウオの観察・研究会が木更津中尾伊豆島プロジェクトの田んぼビオトープで行われた。

001_1024x768_2

 君津市立君津中学校では、平成24年度から26年度まで、JST(独立行政法人科学技術振興機構)の科学部活動振興プログラムの採択を受けて活動を進めております。

 今日は、その活動を紹介します。

 科学部の生徒たちは、里山のホタル・サンショウウオの研究に今取り組んでおります。

この日、第1回の観察・研究会が、木更津中尾伊豆島プロジェクトの田んぼビオトープで行われました。

 これから3年間にわたって、君津の三舟山の里山と木更津中尾伊豆島プロジェクトの田んぼビオトープ〔里山)との比較・調査・研究が科学部の生徒たちによって行われます。

JSTのホームページにリンク http://www.jst.go.jp/EN/about/index.html

002_1024x768_2

003_1024x781_2

引率の小川先生と生徒たちの挨拶

004_1024x768_5

005_1024x768_2

007_1024x902

木更津高専の湯谷先生が本日の講師・湯谷先生は、これまで3年間に渡って、ここのトウキョウサンショウウオとゲンジ蛍の保護。調査・研究を行っている。

008_1024x768_4

009_1024x768_2

010_1024x768_2

013_1024x768_2

今年は、2月9日に初めてトウキョウサンショウウオの親と産卵が確認された。このときもニホンアカガエルの産卵も確認されたが、今年は、昨年とは異なりそれ以後寒い日が続き、田んぼの水路の氷も厚い。

014_1024x768

015_768x1024_2

トウキョウサンショウウオの卵嚢を見つける

016_719x484_2

017_1024x768_2

木更津高専を昨年卒業した梅澤君〔左)は、君津中学の泉水先生の大田中学のときの教え子だった。 梅澤君は卒論のテーマにトウキョウサンショウウオの調査をこの地で行った。偶然の再会・感動。

018_1024x768 泉水先生

019_1024x768_2

020_1024x768_2

022_1024x768

トウキョウサンショウウオの親を湯谷先生が捕獲

023_1024x768

025_768x1024_2 028_768x1024_2

029_1024x768_2

2013年2月21日 (木)

フランス・ノルマンジー林檎の礼拝堂・田窪恭治の部屋開設を祝って第2部は画を観ながら歓談〔将来、この中尾でフランス・ノルマンジーの地で、この林檎の礼拝堂を守ってくれている村人たちと交流が実現することを夢見て)

025_1024x766_2

026_1024x768

029_1024x768

031_1024x855

032_1024x739

 

033_1024x768_2

034_1024x768_2

035_1024x768_2

036_1024x768_2

037_1024x768_2

056_1024x768

食事の後は、2階の林檎の礼拝堂の大型リトグラフの前でこたつにあたりながらの鑑賞会

057_1024x768_2

林檎の礼拝堂の大型リトグラフの前で記念撮影

059_1024x768_2

060_1024x768_2

064_1024x768

この大型リトグラフができるまでをYOUTUBEから動画配信

フランス・ノルマンジー林檎の礼拝堂・田窪恭治の部屋開設を祝って・乾杯 第1部 2月16日 〔将来、この林檎の礼拝堂を守ってくれている現地の村人と交流が実現することを願って)

039_1024x744_2

食事作りは、三條場洋子さんに腕をふるってもらった。

038_1024x768

041_1024x768

042_1024x768_2

043_1024x768

044_1024x768


048_1024x721_2

051_1024x768

053_1024x768

049_1024x611

006_1024x768_2

1階のリビングにも林檎の礼拝堂プロジェクトの田窪恭治氏の作品を展示。

003_1024x768_2

005_1024x768_2

009_1024x768_2

林檎の礼拝堂の写真・下の瓦は実物

015_1024x768_2

2013年2月19日 (火)

ツリーハウス 最終プラン・模型完成 学生たちの努力に乾杯  2月15日

017_1024x751

018_768x1024_2

019_768x1024_2

007_1024x789_2

008_1024x768_2

009_768x1024_2

010_1024x959_4

012_768x1024_2

014_1024x894_2

015_892x1024_2

016_768x1024_2

022_1024x744_2

023_1024x768_2

2013年2月13日 (水)

2月13日 竹林の整備・峠を越す 爽やかな風と光がよみがえる。

写真画面をクリックすると拡大画面になります。

002_1024x768

竹林の伐採と整備が、この日峠を越した。伐採した900坪ほどの空間は、見違えるほど新鮮な空間になり、朝の風が通り抜け、朝の光が満ち溢れている・鳥たちは、元気良く飛び回っている。

003_1024x768_2

004_1024x768_2

010_768x1024

011_1024x768

013_768x1024_2

014_768x1024_2

家のあるほうを望むと、家の向こうに今年から耕す田んぼが見える。

009_1024x768

001_1024x768_2

022_1024x768_2

家の南側にある紅梅もちらほら咲きはじめている。

025_1024x768_2

椿もちらほら咲き始めた。

 

2013年2月11日 (月)

2月11日 火燃し名人の淵田さん・午後は、平野勝彦さんがユンボで庭に駐車場5台分のスペースを増設

004_1024x768_2

003_1024x768

 この日朝から無風。早速、淵田さんに連絡、1時間あまりで、田んぼにたまった、伐採の竹などを手際よく燃やしてくれた。 005_1024x768_2

 昼食は、弁当を買ってきた、隣組みの平野勝彦さんを交えて昼食。

006_1024x768_3

007_1024x768_2

 ユンボの運転免許が先日きたので、平野さんがユンボを自宅から持ってきて練習をさせてくれることになったが、まづは、庭の整備を行ってもらうことにした。 008_1024x768_2

011_1024x768_2

昨年木更津高専を卒業した梅澤君が訪ねてきたので,手伝ってもらう。

010_1024x768_2

平野勝彦さんの仕事は速い、夕方5時にはすべて終了・庭木の移植・石の門柱の移設・駐車場スペース5台分の 土地の整備を行った。免許取立ての尾高は5分ほど練習しただけでリタイア・なれるのにまだまだ時間がかかる

 

2013年2月 9日 (土)

2月9日 トウキョウサンショオウオ発見 観察およびビオトープの整備

026_1024x856_2

 

036_1024x768_2

043_1024x768_2

トウキョウサンショウウオ発見・9時39分・昨年と同じ日2月9日、捕獲トラップにトウキョウサンショオウオのメスがかかっていたのを、木更津高専の湯谷先生が発見・湯谷先生はこれより先にトウキョウサンショオウオの卵嚢喪1対発見している。

 この後、次々に卵嚢とトウキョウサンショウウオを発見し合計卵嚢4対・トウキョウサンショウウオ5匹を発見する。

観察のあとは、田んぼビオトープの水路と周辺の水路の改修を皆で昼まで行った。

018_1024x768_2

今日の朝は、晴天だが、北の風は強く体感温度は、零度近く。水路の脇には、草の毛細管現象で、氷のオブジェができた。(植物のシモバシラに似ている)伊豆島では、初めて見た光景だ。

019_768x1024_3

023_1024x768_2

この日参加したメンバーは、木更津高専の湯谷先生とプロジェクトのメンバーである三條場洋子さん・小杉武さん・淵田弥吉さんと長谷川敏紀さんの合計6名。

035_1024x768_2

022_1024x768

038_1024x768

044_768x1024

淵田さんは、水路にいるトウキョウサンショオウオとその卵嚢1対を発見/さすが・・・・・・。

042_1024x768_2

047_1024x768_2

048_1024x768

049_1024x768

050_1024x768_2

051_1024x768

052_1024x768_2

053_1024x768_2

054_1024x768_2

057_768x1024

060_1024x768_2

063_1024x768_2

066_1024x768_2

072_1024x768_2

073_1024x768

074_1024x768_2

084_1024x768

085_1024x768_2

089_1024x768

094_768x1024_2

098_1024x768_2

100_1024x777_2

昼食は、三條場洋子さんがカレーライスを作ってくれたので、中尾の家に戻り全員で、おいしいカレーを。

099_1024x768_2

102_1024x768_2

101_1024x768_2

2月8日 長谷川敏紀さんと久しぶりの再会 食事づくりは三條場洋子さん

013_1024x763_2

017_1024x768

この日の夕食は,お酒は、ビールから始まり、白ワイン・赤ワイン。食べ物は、ハマグリ・アサリの鉄板焼き。すき焼き他。  木更津尽くしのメニューで長谷川さんをもてなす。

2月7日 竹林の伐採と整理 竹林全体の約50パーセント終了

004_1024x768_5

001_1024x768_2

003_1024x768_2

006_1024x768_2

2013年2月 4日 (月)

糟谷のお祖父さんが大切にしていた木に出会えた・JR袖ヶ浦駅前近くの駐車場で。

袖ヶ浦駅前は、再開発の区画整理が行われかつての面影を思い起こすことができなくなっているが、先日、長浦の叔母さんの葬儀の際に鈴木さんから聞いた木の存在を確かめたく、鈴木さん宅に伺い案内してもらった。

007_1024x768_2

 この紅葉の木は、私が小学校の4年生のころ,お祖父さんが当時の京成千葉駅(現中央公園)前の植木屋で買った 2本の紅葉の木の1本に間違いないと確信した。もう1本は千葉の家に今でもある。懐かしい。その時の情景を思い出す。

 もし、駐車場の片隅に放置されていたら、お願いをして引き取ろうと思い見に行ったが、大切に立派に駐車場の南面に大事に植えられていたので安心した。

  008_768x1024_3

 この木は家のシンボル的な木で家の前にあった。

010_1024x768_2

 案内してくれたお礼も込めて伊豆島と中尾を案内した。これからは野菜作りに来てもらいたいと思う。 写真の左が従妹の須恵子さんと御主人。

 

節分の行事 木更津市中尾(瓜ヶ作)大塚厚さん92歳 撮影2013年2月3日

YouTubeより動画配信

木更津市中尾(瓜ヶ作) 大塚家の節分 2013年2月3日撮影 節分の各家での行事も、最近では行われなくなってきているが、ここ木更津市中尾の瓜ヶ作の部落にある大塚家では92歳の大塚厚さんを中心に家族で、毎年続けられている。

   この映像では、大塚厚さんの子供時代の節分にまつわる思い出などを含めて、節分の行事を紹介。  

 昔は、ここ中尾部落にも麹屋があり、各家で作る、味噌作り・甘酒造り・醤油作りなどの発酵食品作りを支えていた。

 撮影の背景にある写真とトロフィーは、菊作り名人でもある大塚さんがコンテストで優勝した時の記念品。

2013年2月 2日 (土)

2月2日トウキョウサンショウウオ産卵までもうすぐ・田んぼビオトープの周辺の捕獲トラップを開ける。

昨年2012年は、2月9日、捕獲わなにトウキョウサンショウウオは、かかった。 その時の映像。

今年もそろそろトウキョウサンショウウオの産卵の季節が来る。  今日は、南風が吹きつけ気温は18度まで上昇した。そろそろかと思い田んぼビオトープを観にいった。 出そうなところを丹念に調べたが見当たらなかった。捕獲わなトラップのふたを開けて中尾に帰った。 〔この捕獲わなは、先週、木更津高専の湯谷先生が掃除をしてくれていた)

 

001_1024x768_2_2

002_768x1024_2_2

003_1024x768_2

005_1024x755_1024x755

006_1024x768_2_2

007_1024x768_1024x768_2

008_1024x761_1024x761_2

 

011_1024x768_2

 中尾には、小杉さんが着ており、田植え機を改造するために、機械の動きを丹念に観察をしていた。 009_1024x768_2_2

昼食後、再び、田んぼビオトープに小杉さん親子と3人で行きトウキョウサンショウウオの卵塊を、もう一度探してみたが発見できなかった。

012_768x1024

 太郎君は、水路で、このとき、マツモムシとカワニラを発見

 日が暮れる前に3人で、竹林伐採の竹を燃やすため、家の前の田んぼまで引っ張って行った。

大きな竹を田んぼまで、引っ張っていく太郎君。

013_1024x768

014_682x1024_2

016_1024x768_2

017_1024x768_2

018_1024x768_2

019_1024x768_2

020_1024x768_2

021_1024x768_2

とても頼もしい太郎君。

2013年2月 1日 (金)

2月1日 天気晴れ無風 絶好の焚き火日和 火もし達人 淵田さん登場

001_1024x752_2

朝から無風・絶好の焚き火日和がようやく訪れた、早速、火もし達人の淵田さんに電話。2つ返事ですぐに駆けつけてくれた。  大量の竹と木を手際よく燃し、昼近くには燃し終えた。

002_1024x768_2

003_1024x768_2

004_1024x768_2

005_1024x768_3

006_748x1024_2

007_1024x768_2

008_1024x715_2

009_1024x768

010_1024x749_2

011_1024x768_2

012_707x1024_2

013_1024x768

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

最近の記事