« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

4月28日 孫たち一家の連休 

035_1024x744

037_1024x683

057_1024x683_2裏山へ竹の子堀に

058_1024x683

039_1024x683_2

040_1024x683_2

041_1024x683

042_1024x683

043_1024x683_2

048_1024x683_2

053_1024x683

067_1024x683竹の子堀を終え、お気に入りの水遊び。

075_1024x683

078_1024x623

089_1024x768

106_1024x650

118_1024x673_2

127_1024x683

108_1024x683_2ハンモックでごきげん。

111_1024x679_2

112_1024x683

114_1024x683

115_1024x683

137_1024x789孫たちには初めてのバーベキュー。

140_1024x740

142_1024x822

144_1024x615

145_818x1024

147_1024x651_2

148_1024x735子供たちは食べ終えた後、楽しみにしていた花火を。 親たちは、ゆっくりとバーベキュー。

4月27日 小杉さん早朝より3回目の抑草のための代かき 田んぼ2から田んぼ1へ

002_1024x683

003_1024x683

004_1024x683_2

005_1024x683_2

006_1024x683_2

007_1024x683

2013年4月21日 (日)

4月21日 朝7時(寒い) 北の風・昨日より本格的な雨・気温8度・田んぼの水温8度・隣の田んぼの稲が寒さでかわいそうだ。

046_1024x665

047_1024x683_2

049_1024x683_2

048_1024x683_2

053_1024x683_2

4月20日 ドライブハローを使った抑草・田植え1ヶ月まえから週1回。これでうまく抑草効果が出れば素人有機農法は完璧。

科学映像館 考える素人有機農法 田植え4週前の抑草をイメージしドライブハロー代かき2回目。  慣行農法の良さと素人有機農法の良さを組み合わせた、田植え5週前から毎週1回のドラ­イブハローを使った抑草技術・さてうまくいくかどうかは、6月末には、結果が出ます。  何の効果もなく、ただ毎日、草取りをしているかも知れません。素人だからこそできるの­です。 除草ではなく抑草(そう心の中で叫び、ぼんくらな自らの脳の回路を変えようとしている) これで、除草剤なしで、お米が作れると万々歳。木更津中尾伊豆島プロジェクト代表 尾高俊夫

2013年4月18日 (木)

4月17日南風強し・毎朝の家の周りの里山を散歩する

023_1024x683家から裏山を望む・東向き・朝日は、この方向から上がってくる

001_1024x683_2

004_1024x683_2

003_683x1024

007_1024x665_2裏山の頂上に山神様を祭ってある。

009_1024x683下る道は雨が降ったあとはすべる。

010_1024x683下り坂の途中から竹林を伐採して切り開いた約300坪の広場全体が良く見える。

011_1024x683画面の右下にお稲荷様が祭られている

012_683x1024_2

014_1024x683この地に平野家が住み始めた約400年前(推定)から米作りを中心に農業を営み、米作りの守り神様として、山神様とお稲荷様を大切に代々守ってきたという。

016_1024x683お稲荷様から振り返って広場を望む・右下に箱のようなものが見えるのが日本ミツバチの巣箱

017_1024x683_2

018_1024x683

020_1024x683_2広場のテーブ・イス・晴れた日にはここに腰掛ける・家・田んぼまで良く見える。

021_1024x683したから軽トラックで広場まで上ってこられる。

034_1024x683家の入り口の私道・左側は耕している田んぼ。

025_1024x683

 

027_1024x683田んぼから家方向を望む。

028_1024x653田んぼの西から里山全体が良く見える(右側の立派な家はお隣の安田家)

 

今日は、南風が強く外での作業ができないので、YOUTUBEでクラッシック音楽を検索して聞いた。 最近のYOUTUBEは素晴らしく,この分野が充実してきているのには驚いた。  その中で、一番印象に残ったのは、この演奏でした。

庄司紗矢香( ShojiS­ayaka・1983年東京生まれ )さんの小柄な身体からあふれ出る力、それを支える繊細な弦­のテクニックに魅了させられます。..

2013年4月17日 (水)

4月16日 エビネが綺麗に咲き始めた。このところの暖かさで植物たちは成長のスピードを一段と速めている。

033_1024x683_2

020_1024x683_2

023_1024x683

024_1024x683

026_683x1024_2

027_683x1024

012_1024x683_2

013_1024x683イチョウの葉も随分と出てきた。

 

YOUTUBEよりイチョウの動画配信

015_1024x683梅の実も少しづつ大きくなってきた。

014_683x1024_2

018_1024x683ジャガイモ畑のジャガイモも一段と大きくなってきた。遅い霜もないと思うのでそろそろ芽カキを行う。

016_1024x683_2

010_1024x683中尾の里山では、この暖かさで蜂が飛かうようになってきた。写真の右下の箱は日本ミツバチの巣箱

2013年4月15日 (月)

4月15日 田んぼの様子・ほたる野の倉庫前畑の草刈・田んぼビオトープの草刈

001_1024x635

2番田んぼの様子朝7時

002_1024x667_2

003_1024x673_2

004_1024x683_3

朝食後、ほたる野 倉庫前の畑約100坪の草刈。

005_1024x683_4

007_1024x683

008_1024x683_3

009_1024x683_4約2時間ほどで修了し、昼食・昼食後は、伊豆島の田んぼビオトープ周辺の掃除・草刈。

016_1024x683_3 1ヶ月ぶりに田んぼビオトープに来た。足を踏み入れると鷹のつがいが音を立てて舞い上がり、上空を旋回・飛び去った。あたり一面、ニホンタンポポが咲き乱れている。ちょうどジャコウアゲハ〔?)が。

 今年からは、ここでの米作りをあきらめて、米作りは,中尾に集中・ここは里山の生態系の保護活動を中心におこなっていくことにした。これまでとは違い、基本的に一般の方にはこの里山には案内を行わないことにした。  ひっそりと、里山の絶滅危惧生物たちと寄り添って行きたいと考えている。この里山が千葉県最後の里山になるかも知れない。子供のころ見つけ、5年前から保護活動を行ってきたが、生き物たちを守る米作りがなかなか理解されない・、ほたるシーズンになると、心無い見物客が群れをなして押し寄せる。この谷で田んぼを耕作している方からも、苦情が多く寄せられる・この谷に人を連れてくるなと。本当にそのとおりだ。ものいわぬ生きものたちに謝るしかない。 反省・・・・・・。

013_1024x683_2

015_1024x683_684x456

 

4月14日 田植え前1ヶ月 代かき開始(抑草を第一の目的にした) 

朝、7時1番田んぼに注水するために地下水をくみ上げる揚水ポンプの電源を入れ、田んぼに水を入れ始める。

002_683x1024

001_1024x683_2

004_1024x683

005_1024x683_2

この田んぼは約2時間ぐらいで注水は完了して代かきができる状態になる。

008_1024x683_2小杉さんトラクターに取り付けられているロータリーをはずし。ドライブハローを取り付け開始。

009_1024x683_2

013_1024x683

014_1024x683

015_1024x683_2

019_1024x683

023_1024x683

 

025_1024x683_2

026_1024x683

027_1024x683

031_683x1024Oちゃんのお手伝い・三輪車で倒れた枯れ木を引っ張ろうとしている。

032_683x1024将来が楽しみだ。

028_1024x683子供たちが見守るなか小杉おとうさんは、家の前の1番田んぼの代かきを開始した。

030_1024x683

050_1024x683小杉お母さんが皆にお昼ご飯を持ってきてくれた。

2枚の田んぼの代かきが3時間ほどで完了した。ドライブハローの威力は素晴らしい。

049_1024x683

2013年4月13日 (土)

4月13日 太郎君・おーちゃん・ほたる野へ引っ越して来て、初めての土曜日。

039_1024x751

037_1024x635

046_1024x683_2

 

053_1024x754

055_1024x683_2

057_1024x725_2

058_1024x683

059_1024x683

062_1024x683

060_1024x826夕食は皆で掘った竹の子を太郎君と2人で竹の子ご飯にして皆で食べた。美味しかった。

4月13日 田植え前、約1ヶ月に迫ったので、2番田んぼ約2,5反歩(78メートル×32メートル)の田お越しを開始しすぐに水を入れる。

YOUTUBEより動画配信

036_1024x683庭のフジの花が咲き始めた

028_1024x683_2隣の田んぼ出は田植えがはじまった。

004_1024x683_2田お越し開始朝8時

4 007_1024x683_4

005_1024x683_2

008_1024x683_4

010_1024x683_4

014_1024x683_2

021_1024x683

020_1024x683

023_1024x683

024_1024x683_2蛇口をひねるだけで大量の水が出てくる/すばらしい。

025_1024x683

026_1024x683_3

田んぼへの水入れは午後5時に修了・約8時間かかって水のない田んぼから水に満たされた水田に変身・ 明日は、ハローで代かきを行う予定。

027_1024x683_3

4月12日エビネの花が咲く季節になった。 伊豆島屋敷跡の草刈(約1000坪) 

エビネの花がもうじき咲くそうだ。このエビネは私が小学校の4年生のころから大切に育てている。55年の付き合いだ。今年もこの綺麗なエビネの群落が観られる。

014_1024x683

024_1024x683

暖かくなると急に草がどんどん伸びてくる。これから秋のお彼岸までは、草刈に追われる。入り口から庭・畑・竹林と草刈を進めた。竹の子を5本発見。明日は土曜日なので、小杉さんの子供たちと竹の子堀をしようと。夕方、小杉邸に寄ると、子供たちは、外で,かけ回っている。子供たちと竹の子堀とサトイモの植え付けの約束をして、中尾の家に帰宅。

028_1024x683

003_1024x683

005_1024x669

002_1024x683

027_1024x683_2

007_1024x683_2

008_1024x683_2

009_1024x683_2

010_1024x683_2

011_1024x683_2

012_1024x683_2 002_1024x683_2

018_1024x683

002_1024x670このサトイモの種は全部、となりのおばあさんに頂いた。有難い。毎年頂いている、先日90歳の誕生日を迎えたが、まだまだ元気・毎日農作業を行っている。

2013年4月 9日 (火)

4月9日 日本ミツバチを飼う準備作業開始・川俣先生とあーと早石の早石さんのお二人で。

念願の日本ミツバチを飼育する準備を中尾の裏山で開始した。川俣先生は、これまで日本ミツバチの飼育を経験してきたので準備は万全。手際よくお二人で3つのタイプの飼育箱を次々に設置。設置が終わると日本ミツバチを守るための強敵である大型蜂対策の為のペットボトルを利用した、強敵蜂の女王蜂を捕獲するための捕獲トラップを設置して昼までに作業は終了。

005_1024x683_2

010_1024x683_2

020_1024x683_2

022_1024x683

027_1024x683

030_1024x683飼育箱を設置するところの方角と傾斜をクリノメータで確認。

031_1024x683_2

032_1024x683_3

036_1024x683

037_683x1024

041_1024x683_2

043_1024x683

052_683x1024

054_683x1024

055_683x1024

060_1024x683

063_1024x683

066_1024x683

067_1024x683

072_1024x683

073_1024x683

074_1024x683

075_1024x683

2013年4月 7日 (日)

中尾の家の竹林伐採終了を記念して,裏山に上がる入り口に、ヤマボウシを植えた。(4月7日の午後)

ヤマボウシ(白花)は、高さ約3メートルほどの高さ。植える場所に迷ったが、やはり裏山の登り口に植えた。

035_683x1024

036_683x1024

037_683x1024

041_1024x683

044_1024x683

 

2013年4月 6日 (土)

4月6日 晴れのち曇り・雨 タロー君とおーちゃんの3人で竹の子堀り

伊豆島の屋敷跡で、空中ブランコ・通称 ハイジで散々遊んだ後、竹の子掘りを行った。  立派な竹の子3本を掘って、中尾の家ですぐに竹の子ご飯にして食べた。 001_1024x651_2

4月5日 鎌足桜の様子が気になり矢那へ 1輪咲いていた。

022_1024x683矢那の高倉観音へ

023_1024x683

024_1024x683_2

025_1024x683

026_683x1024

030_1024x683まだつぼみで咲いてはいない

031_1024x683草敷の鎌足桜は1輪咲いていた。

 

021_1024x683_2

鎌足桜を守った人たち・YOUTUBEから動画配信 京都・14代目佐野藤右衛門/尾高恒徳

2007年4月27日 鎌足桜 撮影

2013年4月 5日 (金)

4月4日 孫のゆーた君と今日で4日目、初めての外泊無事修了。昼から木更津・中尾へ

017_1024x683

横浜の家の前には、ケヤキの木、新緑が一斉に出はじめた。

018_1024x683

019_1024x683_2弘明寺公園の桜は散って、木々が新芽を。

021_1024x683_2

022_1024x683目の前の家の庭の花は、いつ見ても綺麗だ。

028_1024x6835歳の孫は、あさからパソコンでYOUTUBEのトーマスのプラレールの動画を飽きずに見ている。孫を娘の家に送り届けながら木更津ヘ

 

中尾の家の庭に午後淵田さんが来て、ノースポールとパンジーを植えてくれた。お礼に竹の子を掘り持っていってもらった。

 

 

001_1024x683_2

002_683x1024_2

003_1024x683_2

004_683x1024_2

005_1024x683

2日雨が降ったので、田んぼは代かきができるぐらい雨水がたまった。

006_1024x683

ウラシマソウも立派に大きく育った。

 

009_1024x683

ギボウシも新芽を出し始めた。

010_1024x683

012_683x10244日間,中尾の家を留守にした間にこん何大きくなった竹の子。

011_1024x683_2この竹の子はおいしそうだ。

015_1024x683

淵田さんが帰ったすぐ後に平野勝彦さんから、トウキョウサンショウウオを発見の電話があり、すぐに現地に見に行った。

034_1024x683

043_1024x927

039_1024x683この場所は、水路工事が始まっておりトウキョウサンショウウオの成育地ももうじきなくなる。

040_1024x683

044_1024x841_2中尾の家に戻りトウキョウサンショウウオを観察・保護

  049_1024x683この後、平野さんと竹の子掘り、本格的な竹の子2本/おいしそうだ。

048_1024x683

050_1024x683_2

052_1024x683

 

2013年4月 4日 (木)

4月3日 京急ブルースカイトレイン乗車 上大岡から三崎口往復

004_2 孫のゆーたが大好きな京急のブルースカイトレインに乗車・日に何本もないので、駅の案内に時間を聞いて乗る。  待つこと1時間、金沢文庫駅から三崎口・折り返し上大岡下車。

002_2

006_2

009_2

010_2

012_2

4月1日 横浜・弘明寺の大岡川の桜は今年も見事

009_1024x683_2 弘明寺商店街の中ほどの観音橋から撮影・ここからの桜は。もう30年ほど毎年見ている・いろいろな思い出が重なる。

011_1024x683_2

016_1024x683

017_1024x683_2 今年は、孫2人をつれて。

020_1024x683_2

021_1024x683_2

024_1024x683_2

029_1024x683_2

041_1024x683_2

042_1024x683_2

2013年4月 1日 (月)

4月1日からは、平松尚樹作品 ニューヨークの個展で一番評判だった作品 鯨が泳ぐを部屋の中心に据えて。

019_1024x731_2

025_1024x683_2

009_1024x683_2

この鉄さびの鯨の画の作者・イラストレータ 平松尚樹 鉄さびを語る YOUTUBEより動画配信

025_1024x683_4

3月31日 朝から小雨が降ったりやんだり 寒い。明日から4月1日

034_768x1024

週末の日曜日は、これまでとは違い、はな冷えの寒い一日だった。それにもかかわらず、竹の子は11本も生えている。 033_1024x768_2

昨日・新居が完成して、引渡しが済んだ小杉さん宅では、横浜のイケアで組み立て家具をたくさん購入して、家族で組み立てを行っていた。いよいよ、小杉さん家族が、僕の田舎に住んでくれるんだと思うと、これまでとは違う新たな時代がはじまる予感を感じる。新築した大きな家は、床暖房が入り寒い日だったのにもかかわらず、家の中は快適。  明日の朝に竹の子を掘って横浜の家に帰宅。

 

3月30日 小杉家族木更津、ほたる野へ

007_1024x683

008_1024x683_2

010_1024x683

009_1024x891

017_1024x683

2階の吹き抜けの廊下から大壁にあいた窓越しに伊豆島の屋敷跡が眺められる。素晴らしい・・・・。

011_1024x681_2

015_1024x683

002_1024x683_2

ハハコグサ

020_1024x768_2

 お昼に中尾の竹林で掘った竹の子を竹の子ご飯にして皆で食べた。

005_1024x683_2

中尾の家には、小杉さん家族のほかにおばさんも一緒に。

006_1024x683_2

024_768x1024_2

おーちゃんが画いた自画像を額に入れて飾る。

026_768x1024_2

022_845x1024

032_768x1024_2

029_745x1024_2

とてもおーちゃんの雰囲気が出ている画だ。

 

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

最近の記事