« 小島田んぼを見学〔袖ヶ浦バスターミナルから東へ約100メートル | トップページ | 里山たんぼに小学2年生が田植えを。  »

2013年5月20日 (月)

NHKスペシャル 病気の起源 がん (あらすじは、篠崎正喜氏のブログから転載・一部省略しております)

篠崎正喜氏のブログ日記より転載しました。ありがとうございます。 http://m4s.cocolog-nifty.com/blog/

病の起源・がんは人類進化が生んだ病。それが豊かさの代償なら受け入れ克服する他ない。

病の起源・がんは人類進化が生んだ病。それが豊かさの代償なら受け入れ克服する他ない。

動物界で人類のガン発生率は突出している。

、チンパンジーと人の遺伝子は99パーセント同じで、違いは1%だけと解説していた。その1パーセントに、15倍も高いガンリスクの根源があった。

ガン死亡率は人30%に対しチンパンジーは2%。人と比べて動物たちのガン死はとても低い。だからと言って進化前に戻りたいとは誰も望んでいないだろう。

進化した知性でガンを克服し、更に豊かな生活を享受したいのは、自然な心情だが、それはとても困難な闘いだ。

ガンは5億5000年前、多細胞生物の発生と同時に、細胞分裂時のコピーミスで生まれた。番組では1億5000年前の恐竜ディプロドクスの骨のガンを紹介。

 恐竜たちにとっても、ガンは稀な病気だった。 700万年前に人が二足歩行を始めて、両手が使えるようになると頭脳は巨大化した。それと同時にガンが増えたのは、人特有の家族制度が大きく関与している。

人が遠方から獲物を持ち帰ることができるようになった結果、男は狩猟、女性は子育ての分業が始まった。

人の骨盤は二足歩行により形が変化し、人の赤ちゃんは未熟で生まれるようになった。未熟な赤ちゃんが早足歩行ができるようになるまで、最小3年は必要だ。その間、母親は食物を持ち帰ってくれる男をつなぎ止めなければならなくなった。そこで利用されたのが、愛し合う快感をもたらすドーパミンの過剰分泌だ。それは子育てのために必要なシステムだった。

180万年前、二足歩行を始めてから家族を構成した人類から発情期が消えた。過剰分泌されたドーパミンのおかげで、人類はいつでも発情することができた。その結果、チンパンジーと比べても、人の精子の増殖能力は際限なく長く続く。その増殖システムをガンは共有し、人類に劇的にガンが増えた。

人の脳の急速な巨大化に細胞の材料の脂肪酸を作る酵素FASが深く関与した

人のFAS酵素は他の動物と比べて強力だ。人のがんはその強力なFASをも大量に利用して、発ガン率は増悪した

、そのシステムを逆用した抗がん剤、FAS酵素阻害薬C31が開発されガン治療に有望視されている。

巨大な脳は人に多彩な適応力を身に付けさせた。人はアフリカを出て全世界に広がった。寒冷な紫外線の弱い地域でも暮らすようになった弊害としてのがん発症も増えた。

例えば、寒冷で紫外線が少ない米国ネブラスカ州プリモント市は全米一大腸がん死が多い。紫外線によって生成されるビタミンD不足が大腸がんに関係しているからだ。当地でなされた大規模な比較実験では、ビタミンD服用者たちの大腸がん発症は半分になった。 エジソンが電灯を発明したことで、夜更かしの人が増え、メラトニンが減少した。

メラトニンは夜間、眠っている時に増え、ガンを抑制する働きがある。夜間勤務者はメラトニンが5分の1しか分泌されない結果、乳がんは2倍、前立腺がんは3倍に増えた。他にも、化学工業の発達により、大量の発がん物質を産み出し、ガンが増えた。

しかし、総ての人が朝起きて昼間は外で働き、夕暮れに寝る健康な生活をすることはできない。現代社会では、夜間勤務の医師、看護師、消防士、警察、は不可欠だ。

現代社会を享受している以上、メラトニン不足に、大気や食物中の発がん物質の摂取によるガンリスクは避けられない。それは高度な知能と豊かな生活を得た代償だ。我々が晒されているリスクは、人類700万年の進化の結果であり、受け入れる他ないものだ。 同時に、進化した人の英知でガンのリスクは低くできる。人は死から逃れられないが、がんの完治や長寿を願うことは自然なことだ。

篠崎正喜氏のブログ日記より転載しました。ありがとうございます。 http://m4s.cocolog-nifty.com/blog/

 

« 小島田んぼを見学〔袖ヶ浦バスターミナルから東へ約100メートル | トップページ | 里山たんぼに小学2年生が田植えを。  »