« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

風景芸術家 田窪恭治が描いた里山の椿 ドローン撮影

風景芸術家 田窪恭治が描いた里山の椿 千葉県木更津市伊豆島 ドローン撮影 小杉 武・尾高俊夫

2016年2月18日 撮影

2016年2月27日 (土)

田窪恭治をドローンで撮る 里山アトリエ木更津 椿屏風公開制作6日目をドローンで撮影 2016年2月27日

田窪プロジェクトの初期は、1インチテープ・4分の3Uマチックテープ・そしてベーターカムテープへと・現在各テープとも、再生することが難しくなってきた。 ビデオの歴史をたどっているようなプロジェクトの撮影だった。  そして2016年3月。木更津市中尾の里山の家を田窪恭治里山アトリエ木更津にすることが突然決まり、初めは 木更津市の花・椿を大型屏風に描いてもらうことに決まった。  ここでの2週間の公開制作で、アートの持つ力を久しぶりに強く感じる日々だった。  30年前に撮影を始めた時と、変わらない田窪恭治が私の目の前にいる…。この感動は、久々のものだ。  撮影機材も当時と比べて、考えらえないほど自由になった。  それは、昨年から始めたドローン撮影。  ドローンで、田窪恭治の公開制作を描てみたい。…・・その願が実現した。  シンプルなドローン映像は、私の撮影人生で、画期的なものになった。このドローン映像制作は1人で実現したものではない。小杉 武さんと2人で実現したものだ…・これまで思い描いていたイメージが現実となった瞬間だ・・・ただただ感謝。

田窪恭治をドローンで撮る・YOUTUBEから動画から動画配信

田窪恭治が描く椿をドローンで撮影

064_1024x683

066_1024x683_2

105_1024x621

079_1024x683

042_1024x683

058_1024x683

 

2016年2月26日 (金)

田窪恭治 里山アトリエ木更津 椿画制作5日目 穏やかな里山の春 椿満開 庭のフキノトウを摘んで天ぷら・春の香りがひろがる。2016年2月26日

070_1024x683_2

072_1024x683_2

073_1024x683_2

075_1024x683_2

077_1024x683_2

078_1024x683_2昼食は淵田さんの奥様がフキノトウの天ぷらを中心に春を味わう豪華な料理を作っていただいた…感謝。

080_1024x683_2

079_1024x683_2

081_1024x683_3椿画を外からお茶を飲みながら鑑賞

084_1024x683_2

083_1024x683

085_1024x683

086_1024x683_2

087_1024x683_4

088_1024x683_2

090_1024x683_2

093_1024x683_2

095_1024x683

 

田窪恭治氏 木更津市中尾の田窪恭治里山アトリエで椿画制作 4日目 2016年2月25日

この朝、木更津はうっすらと雪が積もった。

016_1024x683_2

012_1024x683

 

014_1024x683_3

018_1024x683

024_1024x683_2 屏風が大きくて部屋に完全に広げることができないので、淵田さんにお願いして、斜めに固定枠を変更して平らにし、田窪さんが制作に集中できるようにした。

028_1024x683

030_1024x683_2

031_1024x683_2

036_1024x683_2

037_1024x683_2

040_1024x683_2屏風設置完了

043_1024x683

046_1024x683

048_1024x683

049_1024x683_3

051_1024x683_2

054_1024x683

058_1024x683_2

059_1024x683

063_1024x683_2

064_1024x683_2夕方、淵田さんご夫婦が庭のフキを摘みに来た。

065_1024x683こんなにたくさん。

066_1024x683このフキを明日の昼、てんぷらにして食べさせてくれるとのこと・楽しみだ。

2016年2月24日 (水)

田窪恭治 里山アトリエ木更津にて椿屏風3日目  2016年2月24日

004_1024x683_3

005_1024x683_2

009_1024x683_4

012_1024x683_3

024_1024x683_4

025_1024x683_3

032_1024x683_3

034_1024x683_3

035_1024x683_3

037_1024x683_2

038_1024x683_3

040_1024x683_3

041_1024x683_4

043_1024x683_3

044_1024x683_2

045_1024x683_2

049_1024x683_2

058_1024x683

063_1024x683

064_1024x683_3

田窪恭治 里山アトリエ木更津 椿画制作2日目 突然・里山の光と風とに一体化・2016年2月23日

003_1024x668

004_1024x683_2

006_1024x668

008_1024x683_3

009_1024x683_2

010_1024x729_2

011_1024x649

012_1024x683

017_1024x683

019_1024x684_2

018_1024x683_2

023_1024x658_2

022_1024x683_2

024_1024x683_2

028_1024x683_2

025_1024x683

030_1024x667_2

033_1024x683_2

034_1024x683

035_1024x683

038_1024x683_2

039_1024x683_2

040_683x1024_2

041_1024x683

042_1024x683

043_1024x683

044_1024x684

048_1024x683_2

052_1024x683

055_1024x683

054_1024x683

059_1024x683庭からのビデオ撮影のためにレールをひき移動撮影 061_1024x683

062_1024x683田窪恭治氏も描く手を休め、庭から椿画を観る

064_1024x683

065_1024x683椿画が中尾の家の中心から成長を始めた瞬間を。

066_1024x683

068_1024x683_2

069_1024x683_2

070_1024x683

071_1024x683

072_1024x6832日目は、この感動を胸にしまって終了。

 

2016年2月23日 (火)

田窪恭治氏 木更津市中尾の田窪恭治里山アトリエで椿画制作開始(初日) 2016年2月22日

p>001_1024x683

002_1024x683_2

003_1024x683_2里山アトリエからの庭を眺める。

006_1024x683屏風の大きさは、220センチ×380センチ

008_1024x683_3

010_1024x683

012_1024x683_2お昼の休憩・この日は、いとこの小島直子さんからお弁当の差し入れ

013_1024x683

014_1024x683

016_1024x683近くの南清苑(介護施設)の皆さんが鑑賞に。

018_1024x683_2

022_1024x683田窪恭治氏の林檎の礼拝堂の本を以前購入してた。この日初めてのご対面。

026_1024x683

025_1024x683_2

028_1024x683_2

027_1024x683_2

030_1024x683_2

032_1024x683

033_1024x683

034_1024x683

 

2016年2月21日 (日)

田窪恭治氏 大型屏風220センチ×360センチの搬入に立ち会い。屏風の感触を確かめる。2月22日から椿画制作は開始される/(仮称)田窪恭治里山風景美術館(木更津市中尾)2016年2月19日

063_1024x683この屏風は、木更津市文京の、あーと早石の仕事によるもの・見事。

064_1024x683_2

066_1024x683_2

068_1024x683_2

070_1024x683  さっそく、田窪恭治氏は、屏風の感触を確かめた。

072_1024x683_2

073_1024x683_2

074_1024x683_2

075_1024x683_2この日、淵田弥吉さん(左)にも手伝ってもらった。

076_1024x683

077_1024x683

078_1024x683_2

079_1024x683

080_1024x683

083_683x1024

093_1024x683

094_1024x683

087_1024x683最後は、林檎の礼拝堂の大型リトグラフを移動して設置

090_1024x683

092_1024x683

095_1024x683無事搬入設置を完了・ご苦労様でした。

098_1024x683

099_1024x683

095_1024x683_3

トウキョウサンショウウオ 産卵始まる この日、生態研究のため木更津高専の先生と学生が中尾の家に。2016年2月18日

057_1024x683昨日の夜に産卵

048_1024x683

051_1024x683

052_1024x683実験・研究に使用するトウキョウサンショウウオを選ぶ・実験・研究成果に期待・実験後は、捕獲した地に戻す。 059_1024x764

2016年2月15日 (月)

春一番が吹き・気温は20度を超え・トウキョウサンショウウオが産卵のために水場に降りてきた。(捕獲トラップに20匹・次の日は3匹)2016年2月14日から15日

千葉県の木更津では、昨日の晩より春一番が吹き・強風でアクアラインは道路閉鎖・14日の昼過ぎまで、強風と 時折の強い雨が続いた・気温は20度を超え生暖かい。  午後1時をすぎるころから太陽が顔をだした。  昨日の夕方にトウキョウサンショウウオのトラップ(捕獲罠)のふたを開けた。  雨がやんだ午後2時すぎから小杉さん親子と3人で、トウキョウサンショウウオの観察に出かけた。  一番奥の田んぼビオトープに向かう途中の田んぼ・水路には、アカガエルがあちこちで動きまわっている。  産卵した卵もあちこちで見ることができる(昨日は、産卵は一つも発見することができなかった)。    田んぼビオトープ周辺の4箇所のトラップを見ると、いるいるトウキョウサンショウウオが20匹あまりも発見。  こんなにトウキョウサンショウウオがトラップに一度にかかったことは、初めて。

 077_1024x683_2

078_1024x683_2おうちゃんが初めにアカガエルを発見

080_1024x683_2すると次々にアカガエルの卵発見(昨日は、一つもなかった)

082_1024x683

087_1024x683

093_1024x683_2トウキョウサンショウウオの捕獲トラップには、合計で20匹あまりも かかっていた・これまで5年間観察していた中では、1日の数では一番多い。

091_1024x683_2

099_1024x683_2

097_1024x683田んぼビオトープの周辺の水路を見て回ったが、まだトウキョウサンショウウオの卵のうは発見することができなかった。

104_1024x683_2

105_1024x683

107_1024x683_2

113_1024x683

108_1024x683

次の日の2月15日、トウキョウサンショウウオ捕獲トラップを確認すると、トウキョウサンショウウオが3匹、トラップにかかっていた。

2016年2月14日 (日)

田窪恭治氏による木更津市中尾にて椿屏風公開制作に向けての準備 2016年3月22日から開始される椿屏風画制作に向け、あーと早石へ屏風を発注

065_1024x683

141_1024x683_2

138_1024x683

084_1024x683

137_1024x683

134_1024x683

145_1024x683_2

011_1024x683

061_1024x683

050_1024x683_2

077_1024x683

079_1024x682_2

081_1024x713_2

 

135_1024x683

049_1024x683

154_1024x683_2

155_1024x683_2

157_1024x683

158_1024x683_2田窪恭治氏改装中の母屋を観て回る

159_1024x683

162_1024x683

164_1024x683

163_1024x683_2

165_1024x683_2

169_1024x683_2田窪恭治氏30年間の活動をYoutube30本の映像から観ることができる。

191_1024x683

171_1024x683_2

170_1024x683

175_1024x683

190_1024x683_2

186_1024x683田窪氏は、母屋の外にあるスダジイの巨木に注目

189_1024x683

185_1024x683

 

178_1024x683_3

179_1024x683

 

004_1024x683_2

 林檎の礼拝堂大型リトを広げて検討

2016年2月 7日 (日)

田窪恭治氏による椿壁画制作の準備・小杉 武さんによる庭の整備・淵田弥吉さんによる4メートル×3メートルの壁制作。2016年2月6日

小杉 武さん得意のユンボで前庭の整備を行う・Youtubeから動画配信

006_1024x683中尾の家の2階の窓際にある椿の巨樹

007_1024x683_2

004_1024x683_4

003_1024x683

008_1024x683

002_1024x683_3

011_1024x683_2

母屋・玄関の8畳間の璧面4メートル×3メートル/椿の璧画展示のための壁面を作る

012_1024x683_2

026_1024x683この日も早朝から淵田弥吉氏は細かい作業を丁寧にやりながら 大きな壁を作っていく。

023_1024x683_2

024_1024x683_2

025_1024x683_2

046_1024x683壁面は見事に完成

035_1024x683

029_1024x683_2

032_1024x683_2

033_1024x683_2

036_1024x683

037_1024x683整備を終えた前庭・小杉 武さん

039_1024x683_2この日見学にきたアート白石の専務の白石さんと。

038_1024x683_2

043_1024x683

041_1024x683

042_1024x683

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

最近の記事