« 絶滅危惧植物のエビネ満開 伊豆島の屋敷跡(4反歩)の草刈を2日間かけて行った。2016年4月26日から27日 | トップページ | 無農薬無化学肥料でのコメ作り日本一 益々お元気な椿さんご夫婦が語る 2016年5月2日撮影 »

2016年5月 1日 (日)

田窪恭治 長野市善光寺表参道にある ガレリア表参道にて田窪恭治展開催中 会期/2016年4月29日(金・祝)~5月10日(火)

信濃毎日に田窪氏の活動が紹介された・信濃毎日 2016年4月30日刊

089_1280x930_1024x744_2

新聞をクリックすると拡大します。

サン・ヴィゴール・ド・ミュー礼拝堂(フランス・ノルマンディ)プロジェクトの10年間お世話になったファレーズ1のレストランの元オーナーシェフのご夫妻も、今回の田窪恭治展に駆けつけてくれた。

田窪 恭治展

会期/2016年4月29日(金・祝)~5月10日(火) 10: 00a.m.~6:00p.m. (日曜・最終日は5時終 了) ※会期中無休

ノルマンディの林檎の礼拝堂再生が終わって十数年。田窪恭治は現在、北信濃の飯綱町と飯山市で、壁画制作や街並み再生プロジェクトに取り組んでいます。林 檎が取り持つ縁でしょうか。 石川 利江

ガレリア表参道のHPへリンク http://omotesando-nagano.com/exhibition.html

私は飯綱町の田園風景を車で走りながら次々と現れる林檎畑を見ながらノルマンディの田園風景を思い出し、まるで地球の裏と表を鏡で見ているような気分にな りました。それは私の中でノルマンディと飯綱町が「林檎」によって結び付けられた瞬間でもありました。 田窪 恭治

« 絶滅危惧植物のエビネ満開 伊豆島の屋敷跡(4反歩)の草刈を2日間かけて行った。2016年4月26日から27日 | トップページ | 無農薬無化学肥料でのコメ作り日本一 益々お元気な椿さんご夫婦が語る 2016年5月2日撮影 »