« 木更津南清苑の皆さんが田植・稲刈りを行い・秋晴れのなか新米の試食会 2016年10月20日 | トップページ | 今日は、淵田さんご夫婦がサポート・木更津南清苑の皆さんが2回目の新米試食会に中尾の家に。 2016年10月31日 »

2016年10月22日 (土)

田窪恭治 黄昏の娘たち  ヘスぺリデスの園 黄金の林檎

Dsc_0003_1024x683

黄昏の娘たち 田窪恭治作品 左からHESPERIDES(83-1)・HESPERIDES(83-3)・HESPERIDES(83-1)

Dsc_0006_1024x683_2

黄昏の娘たち1985

黄昏の娘たち(イノコズチのマケット) 田窪恭治作品・HESPERIDES(MAQUETTE D`INOKOZUCHI)1985

2枚の写真の出典は、愛媛県美術館2001 田窪恭治ーオブジェから風景へ展図録から  

ヘスペリデス以下ネットより転載

リビアのキレナイカ地方にあった古代都市「ヘスペリデス」 古代ギリシア時代には植民地キレナイカの中心都市であり、ヘスペリデス(後に近隣の4都市と統合してペンタポリス)と呼ばれ、サハラ砂漠を縦断するアラブ隊商の拠点となるとともに隊商路の起点として繁栄。

それを象徴するように、ベレニケ跡地にプトレマイオス朝、ローマ属州期の石墓が多数残っている。

しかしその後は隊商路の起点が西方のトリポリに移ってしまい、長い間キレナイカ地方の小都市にとどまった。

ヘスペリデス(古希: Ἑσπερίδες, Hesperides)は、ギリシア神話に登場する美しいニンフたちである。「黄昏の娘たち」という意味。ヘスペリデスは複数形で、単数形はヘスペリス(古希: Ἑσπερίς, Hesperis)。ヘーシオドスの『神統記』では夜の女神・ニュクスが1人で生んだ娘たちとされるが、一般的にはアトラースの娘として知られ、プレイアデス、ヒュアデスがプレーイオネーとの娘たちとされるのに対し、ヘスペリデスはヘスペロスの娘であるヘスペリスとの間に生まれた娘たちであり、母の異なる姉妹関係になる。

Gardenhesperides_burnejones

ヘスペリデスの園 (フレデリック・レイトン, 1892年)

« 木更津南清苑の皆さんが田植・稲刈りを行い・秋晴れのなか新米の試食会 2016年10月20日 | トップページ | 今日は、淵田さんご夫婦がサポート・木更津南清苑の皆さんが2回目の新米試食会に中尾の家に。 2016年10月31日 »