« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月25日 (金)

今朝は寒い・この冬初めて氷がはる 2016年11月25日木更津・中尾の里山の家

Dsc_0003_1024x683_2

Dsc_0005_1024x683_2

Dsc_0007_1024x658

Dsc_0008_1024x683

Dsc_0021_1024x683イチョウが朝日で黄金の輝き

Dsc_0012_1024x683地面には一面のイチョウの葉

Dsc_0015_1024x684 椎の大木からは椎の実が風が吹くたびにバラバラと音をたてて落ちてくる

Dsc_0031_1024x683無農薬の田んぼビオトープから中尾の家を望む。(手前はヒメガマの穂)

 

 

4k映像は、素晴らしいが、映像の保存をどうしたら良いのか・・? 今年の10月初めにSONYのAX100を購入して撮影を開始・どんどん外付ハードディスク(3TB)が増え続けている。

4kカメラ2台で手軽に高画質・高音質で撮影記録できるのは素晴らしい。

Dsc_0022_1024x683_2

テーブルの上に2台の4kカメラを置き・ロングとアップで2カメ撮影。

自宅の4K映像編集室

Dsc01732_1280x719_2

Dsc01734_1280x7194k映像を保存する外付けハードディスク(5台で13TBの大容量でサポート)

約3か月の撮影で、こんなに増えてしまった……一番の問題は、テープと違い

保存性が担保されていないことだ。その結果、撮影する際は、大事なところは、

SONY-HDVカメラでMINIDVテープに同時記録を行っている。

Dsc_0002_1024x683_2SONY・HDVカメラ

Dsc01733_1280x719_2_2

Dsc_0001_1024x535_2早く、このSDカードで4k映像をITBぐらい保存できる時代がくることを願っている。 大容量情報の記録は、回転から固定の時代に。

ビデオの撮影初めて約40年、初期の撮影したテープはAKAIの白黒映像記録の6ミリオープンリール・sonyベータ―1・1インチから4分の3インチ・DVCAM/DV から、SDへ目まぐるしく変わった・・・5年先はどうなっているのだろうか…・楽しみに待っている。

Dsc_0221_1024x683

2016年11月24日 (木)

木更津も初雪が降る・11月に降る雪は54年ぶりで、積雪は観測史上(1875年以来)初めてとのこと・先日植えたソラマメが気になり伊豆島の畑に見に行く・この雪でまた野菜に被害が出るのでは・・?。2016年11月24日

Dsc_0035_1280x853_3中尾の家の庭に降る雪

Dsc_0037_1280x853_2クリスマスツリーにも雪が。

Dsc_0028_1024x683

Dsc_0030_1024x683

Dsc_0031_1024x683

Dsc_0043_1024x683伊豆島の屋敷跡の畑には雪が積もり始めた。

Dsc_0041_1024x683先日、植えたソラマメ・昨日の天気予報では明日は積雪が予想されるとのこと。急遽・雪除けの竹を設置した。

Dsc_0039_1024x683

Dsc_0047_1024x683_2田窪恭治氏に描いてもらったヤブツバキにも雪が。

Dsc_0048_1024x683

Dsc_0049_1024x683

Dsc_0051_1024x682ソラマメに積もった雪を散水で取り除く。

 

2016年11月22日 (火)

科学映像館 医学分野・血管と血流・リンパ管などの映像を観る(実験動物を撮影)

血流とリンパ管

好中球

巨核球から血小板のできるまでを観察

マクロファージ

マクロファージに分化した細胞が大腸菌をたべる。 この記録映画は、世界で初めてインターフェロンの存在を発見した故長野泰一先生の研究を1年間撮影した記録の一部です。

血液の発生を胎生期からアダルトの環境に変化していく様子を半年にわたって観察・記録した映像です。日本語版 生まれかわる血液幹細胞(1999年制作) 監修 中畑龍俊先生 制作時は東大医科研 教授

2016年11月19日 (土)

大理石モザイクで有名な、上(うえ)哲夫氏 中尾の家に保管している田窪恭治氏のコルクをとりに来られる。2016年11月18日

上 哲夫氏のCONCEPT(HPより転載)

モザイクアートには、人間らしい生き方の原点があります。

 石などの自然素材と直接触れ合うモザイクアートは、太古からのアートでありながら、もっとも未来的なテーマを宿しています。 石を砕き、その1ピースをつなぎ合わせることによって、それまでの石がもっていた表情とはまったく異なった新しい世界が描き出されます。

 かつて、目に見える具象の世界しか表現できなかった私も、この世界を支える物質と精神の次元をあるがままに観るまなざしを育むことによって、新たな創作意欲へと転換することができたと思っています。

 創造とは、大いなる存在の気配と響きあうことから精神が喚起され、その衝動を創作の源流に生み出されたもの。この壁画の前に立つと、何か心の濁りが払われる。普遍的な大きな力によって支えられていることを感じ、なんだか元気になる。 そう言っていただける作品を創り出したいと、いつもそう願っています。

[モザイクの目指すもの]

○地球や環境に対する意識を深めてゆきます。

○多様さがもつ豊かな癒しと安定があります。

○人を融和させる不思議な力があります。

YOUTUBEから動画配信

Dsc01704_1280x621それぞれの写真をクリックすると、拡大写真になります。

Dsc01706_1280x670

Dsc01707_1280x683

Dsc01714_1280x614

Dsc01716_1280x719

Dsc01719_1280x803

Dsc01720_1280x719

Dsc01724_1280x685

この後、小春日和のなか、中尾の家の中に展示されている田窪恭治作・藪椿の屏風を見ていただいたり、伊豆島の里山環境と源氏蛍の生息地をみんなで見学・心やすらぐ時になった。  

Dsc01741_1280x719_22016年3月・田窪恭治作・伊豆島のヤブ椿 6曲一双の屏風画

Dsc01179_1280x743

Dsc01743_1280x719_2

Dsc01744_1280x719_2

Dsc01749_1280x719_2

Dsc01739_1280x719_2中尾の家の脇には、幹回り・地上1,5Mで5.5M・樹齢およそ350年のスダジイ。

新館・2階にある4K映像編集室

Dsc01732_1280x719_2

Dsc01734_1280x7194k映像を保存する外付けハードディスク(5台で13TBの大容量でサポート)

Dsc01733_1280x719_2_2

2016年11月 7日 (月)

ロジェ・カイヨワ 石が書く 1975年 新潮社 この135ページの本が、なんと今では、4万円以上もする。

Dsc_0158_1024x876

Dsc_0161_1024x740

Dsc_0159_1024x624_2

Dsc_0162_683x1024_867x174

 

2016年11月 1日 (火)

今日は、淵田さんご夫婦がサポート・木更津南清苑の皆さんが2回目の新米試食会に中尾の家に。 2016年10月31日

今日は、尾高の都合がつかないので、清見台南に住む親戚の淵田さんご夫婦にサポートをお願いした、

P1060048_1024x768

P1060029_1024x768 皆さんが田植をして収穫をした、無農薬で育てたお米の試食をおにぎりを握って味わった。  (写真の撮影は、すべて淵田さん)

P1060033_1024x768

P1060037_1024x818_2

P1060036_1024x768_2

P1060039_1024x768

P1060040_1024x768

P1060043_1024x768

P1060044_1024x768

P1060045_1024x768

P1060046_1024x768_2

P1060047_1024x768_2

P1060049_1024x768

 

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »