« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

無農薬田んぼの様子 2017年6月29日曇り コシヒカリは60センチから70センチに成長(田植は5月4日)

Dsc_0005_1280x853小杉田圃の様子・コシヒカリ5月4日に田植

Dsc_0007_1280x853_2

Dsc_0008_1280x853_2

Dsc_0009_1280x853_2

Dsc_0012_1280x807_2このところ毎日田んぼに8羽のカモが飛来する

Dsc_0013_1280x853_2こちらは、家の前の尾高田んぼ・コシヒカリ

Dsc_0014_1280x853_2古代米の田んぼ

Dsc_0017_1280x853

Dsc_0018_1280x853_2

Dsc_0026_1280x853_2ガマの穂が出てきた

Dsc_0030_853x1280_2

 

牧野富太郎 植物教室 植物の進化編 牧野植物園 映像制作・尾高俊夫

2017年6月27日 (火)

大理石モザイク 松下 敬 房総半島中央部・大多喜の山並みの上にある松下ご夫婦の創作の場を訪ねた。2017年6月26日

 2017年6月26日 房総半島中央部・大多喜の山並みの上にある松下ご夫婦の創作の場を訪ねた。(房総半島中央部の秘境を南北に走る県道172号線には新しい発見がある)

Img_2441_1280x960大理石モザイク作家 松下 敬氏は2016年年末から2017年にかけて黄金の林檎壁画の制作に取り組んだ。

 

1280x719_2 日本の大理石モザイクを担う上さん組の力で黄金の林檎は完成した。今日は、お礼を兼ねて、撮影した写真を持参してお邪魔した。

黄金の林檎 田窪恭治  4kドローン撮影全4分 映像制作・著作・ 尾高俊夫・小杉武・三條場洋子

  

田窪恭治 黄金の林檎 完成記念シンポジウム上映版・黄金の林檎制作過程4K記録映像(全13分) 映像制作・著作・尾高俊夫・小杉武・三條場洋子

田窪恭治 黄金の林檎 2016年9月14日から2017年1月24日までの6本のフォトムービー撮影・三條場洋子

Kisarazu_ootaki_2グーグルアースで木更津市中尾の自宅から大多喜の松下宅までの 距離は、直線で35キロ・行きは圏央道経由で、帰りは、県道172で、久留里に出る道順・途中にチバニアンがある。松下宅とチバニアンとの実際の距離感覚を知りたい。

Photo

松下 敬 HPへリンク http://artmatsu.at.webry.info/201507/article_2.html

Dsc_0056_1280x810_2 6月23日 聖心女子大グローバルプラザで開催された黄金の林檎完成シンポジウムにご夫婦で出席

シンポジウム開始前・黄金の林檎壁画前

 

135261175605213225378_img_0837_sp_2

奥様は、手作り絵本作家 HPヘリンク

http://artmatsu.at.webry.info/201211/article_2.html

 135269258233813211260

135261175605213225378_img_0837_sp_2

Photo_2

帰りは、県道172号線で久留里へ向かう・途中の市原市田淵のチバニアンまでは、15キロあまりだ。道は舗装してあるが、ところどころ狭い。ゆっくりと気をつけて走る・20分もかからないうちに到着した。こんなに近いとは、びっくりだ。

チバニアン・登録されれば世界遺産登録より快挙。HPヘリンク

http://sciencenet.cocolog-nifty.com/kisarazuizushima/2016/07/post-912f.html

2017年6月25日 (日)

田んぼの中干しから4日目 畦に近いとこから地面に亀裂が入り始めたので、中干しをいったん終了させた..朝から雨が降り始めた。2017年6月25日早朝

Dsc_0007_1280x853_2

Dsc_0006_1280x853_2

Dsc_0008_1280x853_2古代米も順調に育ってきた。

Dsc_0009_853x1280_2

Dsc_0011_1280x853_2コシヒカリ

Dsc_0018_853x1280

Dsc_0019_1280x853_2

Dsc_0013_1280x853_2

Dsc_0021_1280x853_2

Dsc_0001_1280x789_2

2017年6月23日 (金)

 田窪恭治 黄金の林檎 2016年9月14日から2017年1月24日までを6本のフォトムービー観る。制作・著作・三條場洋子

田窪恭治 黄金の林檎 2016年9月14日から2017年1月24日までを6本のフォトムービーで観る。制作・著作・三條場洋子

(1)2016年9月14日

(2)9月17日

(3)10月22日

(4)11月17日

(5)2017年1月20日

(6)1月24日

2017年6月23日 聖心グローバルプラザ・黄金の林檎シンポジウム開始前の様子。

制作・著作 尾高俊夫

2017年6月22日 (木)

田窪恭治 感覚細胞 2017 木更津・中尾 ようやく3242個のコルクを並べ終えた。2017年6月22日

Dsc_0026_1280x853_2全部で3242個のコルク

Dsc_0023_1280x853

Dsc_0021_1280x853

Dsc_0010_1280x793_2

Dsc_0018_1280x841

Dsc_0020_838x1280_2

Dsc_0022_1280x853_2

Dsc_0001_1280x853

Dsc_0004_1280x836_2

Dsc_0006_1280x750

Dsc_0008_1280x853_2

Dsc_0014_853x1280_2

Dsc_0015_1280x692

Dsc_0016_1280x709_2

Dsc_0017_1280x853

 

2017年6月21日 (水)

小杉田んぼ 田んぼの排水(中干し)を行ったらザリガニが大量に。2017年6月21日

Photo_2 宇宙から観た2つの田んぼ(尾高田んぼ・小杉たんぼ)の位置関係/画面をクリックすると拡大します・グーグルアース撮影は2016年冬?   

木更津・中尾伊豆島プロジェクトの無農薬・無化学肥料で稲の生育を行っています。  今年からは、古代米を自分たちの手で育てようと、小杉さんが古代米のモミを手に入れ、小杉一家で、丁寧に育てた苗を、この田圃に移植しました(苗箱で10箱),もしもうまく古代米が収穫できたら、来年は、5反歩の田んぼ全部で古代米の苗を育てようと計画しております。2017年6月3日ドローン撮影

Dsc_0019_1280x853

Dsc_0016_1280x853_2小杉田んぼは暗渠が設置されているので、暗渠排水口を開けた。

Dsc_0023_1280x853_2

Dsc_0034_1280x853_2

Dsc_0030_1280x853_2

Dsc_0028_853x1280_2

Dsc_0040_1280x853_2

Dsc_0036_1280x853_4

Dsc_0026_1280x853_2

Dsc_0020_1280x853_2

2017年6月21日 ようやく梅雨入りか・・? 昨日、無農薬田んぼの水を排水・中干し開始 中尾の家の前の尾高田んぼの様子。

Dsc_0054_1280x853_2 早朝より小雨が。 感覚細胞2017田窪恭治作品もしっとりと雨に濡れている。

Dsc_0051_1280x853_2

Dsc_0045_1280x853_2

Dsc_0046_853x1280_2

Dsc_0001_1280x876_2

Dsc_0002_1280x853_2

Dsc_0047_1280x853_2

Dsc_0050_1280x853_2

Dsc_0014_1280x853_2古代米

Dsc_0008_1280x853_2

Dsc_0004_1280x853_2

 

Dsc_0015_1280x853_2

2017年6月20日 (火)

田んぼの除草のため深水管理をしていたので、本格的梅雨を前に中干しを開始2017年6月20日

5月4日に田植を行い、今日で47日目の6月20日・稲は伸長60センチに届くまで成長・コナギ除草も終了し、これまで深水管理を行っていたが、この日2つの田んぼの水を一気に排水。明日からは、雨空が続くので稲の様子を観ながら水位を調節していく。

Dsc_0009_1280x853_2

Dsc_0012_1280x853

Dsc_0013_1280x853_2

Dsc_0018_1280x853_2

Dsc_0019_1280x853_2

Dsc_0020_1280x853_2

Dsc_0031_1280x853_2

2017年6月19日 (月)

コナギ除草・約3週間にわたってコナギとの戦いがようやく終わった 2017年6月19日快晴 昨日までの梅雨寒はうそのようだ。

Dsc_0025_1280x853

 

無農薬田んぼでの、毎日3時間から4時間のコナギ取りは終わった。

Dsc_0014_853x1280_2古代米も元気になった。

Dsc_0018_1280x853コシヒカリ

Dsc_0019_1280x853_2コシヒカリもこれからは元気になるだろう。

Dsc_0022_1280x853

コナギと格闘中の6月3日空から田んぼを撮影・田んぼは除草のため濁っているのがよくわかる。 少し離れたところにある小杉田圃は、今年はコナギとの格闘はなかった…・この違いは何なんだろう・・?

Dsc_0007_1280x853サボテンの黄色い花が咲き始めた。

Dsc_0028_1280x853_2

田窪恭治 感覚細胞2017

Dsc_0029_1280x853_2

Dsc_0031_1280x853_2

Dsc_0032_1280x838_2

 

2017年6月17日 (土)

緑ちゃん新しい生活へ旅立ち お母さんありがとう  披露宴 YOUTUBEから4K動画配信

2017年6月16日 (金)

ふるさと歴史講座 東公民館主催 徳川家戸の栄華を現在に留める屋敷、戸定邸(とじょう)見学

今月のふるさと歴史講座は、徳川家戸の栄華を現在に留める屋敷、戸定邸(とじょう)見学。

Photo_4

Up_2

Dsc03178_719x1280_4

Dsc03173_1280x719

Dsc03165_1280x719

Dsc03168_1280x719_2

Dsc03169_1280x719_2

Dsc03166_1280x719

Dsc03167_1280x719_2

Dsc03171_719x1280_2

2017年6月13日 (火)

風景芸術家 田窪恭治氏 家族で源氏蛍鑑賞 木更津市の里山で。2017年6月12日

Dsc_0005_1280x853

蛍観賞の後、中尾の家に戻り記念写真撮影 Dsc_0008_1280x814

この日は、昨日(50数匹)と比べ気温が低いせいか約20匹ほどしか観ることができなかった…残念。年のため 次の日も,ほたるを観に行ったら昨日と同じような状況だった・梅雨に入り寒い日が続く、その影響もあるのかもしれない。

 

2017年6月 5日 (月)

中尾の里山田んぼを空から観る 今年から古代米を栽培 2017年6月3日 撮影

木更津・中尾伊豆島プロジェクトの無農薬・無化学肥料で稲の生育を行っています。  今年からは、古代米を自分たちの手で育てようと、小杉さんが古代米のモミを手に入れ、小杉一家で、丁寧に育てた苗を、この田圃に移植しました(苗箱で10箱),もしもうまく古代米が収穫できたら、来年は、5反歩の田んぼ全部で古代米の苗を育てようと計画しております。

その矢先、田んぼに、コナギが大発生し毎日、コナギ駆除に追われています。空から観て田んぼが濁って見える のは、そのせいです。

 

Dsc_0040_1024x683

Dsc_0032_1024x683_2

Dsc_0035_1024x683_2

Dsc_0017_1024x683

2017年5月14日 古代米の田植

Dsc_0047_1024x683

Dsc_0048_1024x683_2

Dsc_0026_1024x683

Dsc_0029_1024x683

Dsc_0033_1024x683

Dsc_0036_1024x683_2

Dsc_0041_1024x683_4

Dsc_0042_1024x683_2

Dsc_0044_1024x683

Dsc_0051_1024x683_2

2017年の源氏蛍は大発生・2017年6月4日 木更津市伊豆島

 

この日、木更津市清見台南町の町内会長の淵田弥吉さんのもとに集まった、源氏蛍鑑賞会のメンバーは,星座のように群れ飛ぶ50匹以上の源氏蛍の群れを見ることができ大満足・心に深く残る光景だった。

Dsc_0004_1280x853_2

 

Dsc_0005_1280x853_2

Dsc_0008_1280x853_2

 

2017年6月 4日 (日)

風景芸術家 田窪恭治 感覚細胞2017 中尾の夕陽を浴びて・・・・・。

昨年の木々との対話展(東京都美術館で開催)で、会期中使用されたコルク約2200個で作った感覚細胞2017に加え、昨日、東京・広尾の聖心女子大(黄金の林檎で使用された残り)から運び込んだコルクが車から降ろされたところ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

最近の記事