« 古代米④ 観察 2017年9月29日採取した籾を観察 | トップページ | アトリエ訪問 大理石モザイク作家 松下 敬 2017年10月1日 »

2017年9月29日 (金)

小杉田んぼの夜明・2017年9月29日・この集落の田んぼで一番早く朝日を受ける小杉田圃・日の出前から小杉さんは車で待機。ビッグコシヒカリに朝日が射す。この残された1株は果たしてコシヒカリ・・?

Dsc_0011_1280x853

Dsc_0023_1280x853_2

Dsc_0018_1280x853_2

  朝焼けが、小杉田圃に残された1株のビッグ・コシヒカリに。(コシヒカリではノゲが長い・・?)

Dsc_0021_853x1280_3  朝焼けが、小杉田圃に残された1株のビッグ・コシヒカリには、穂が20本ほど出てきている。

Dsc_0028_1280x853

Dsc_0038_853x1280_2

Dsc_0041_853x1280_2

ノゲが長いので、ネットで検索してみたら・ふるさと魚沼 えちご川口のHPに、こんなことが書いてある。 http://sun.ap.teacup.com/sab9613/68.html ところでコシヒカリにはノゲはどうであろうか。近年の品種はほとんどノゲはなくなっている。コシヒカリも通常はノゲはあまり見当たらないのであるが、一部に短いノゲ、まれに長いノゲの籾を見つけることがあって、 さまざまである。 年によっても、ノゲがない年、または長いノゲをつけている年と変化があるのも不思議である。

« 古代米④ 観察 2017年9月29日採取した籾を観察 | トップページ | アトリエ訪問 大理石モザイク作家 松下 敬 2017年10月1日 »