« 古代米 観察 台風18号が九州に上陸 朝から雨、小杉さんは古代米の様子を観に。2017年9月17日 | トップページ | 台風18号通過・台風の中心より遠く離れている木更津でも、未明に風速30メートルを超える暴風雨・夜が明け古代米の田んぼを観に・被害はなし・良かった・・・、2017年9月17日 »

2017年9月17日 (日)

ネットより転載・稲作の起源 書評・最新書評> 稲作渡来民 「日本人」成立の謎に迫る 池橋宏著

書評・最新書評> 稲作渡来民 「日本人」成立の謎に迫る 池橋宏著

稲作渡来民 「日本人」成立の謎に迫る 池橋宏著 [評者]柄谷行人(哲学者) [掲載]2008年05月25日

 だれが、どのように稲作を伝えたのか

   柳田国男は『海上の道』で、南島づたいに日本に稲作が伝えられたと主張した。以来、それを否定する人たちも、渡来した稲作民(弥生人)の技術を、先住民(縄文人)がどのように受容したかを主要な関心事としてきたといえよう。

しかし、と、著者はいう。そのような見方は、一般に、狩猟採集民にとって農耕への飛躍がいかに困難であるかを無視するものだ。小規模な畠作(はたさく)農業ならともかく、水田稲作のように特殊な技術を要するものを進んで受け入れることは考えられない。

 著者は、中国の春秋時代に長江下流域で開始された水田稲作の技術をもった人たちが山東半島に進出し、朝鮮半島南部を経て、日本に渡来したという。本書は、それを多角的な観点から立証しようとするものである。

水田稲作の起源は、日本人の起源・日本語の起源という問題と重なっている。本書は、最新の考古学、自然人類学、言語学の成果を動員して、それらを一挙に解決しようとする壮大な試みである。  

日本における水田稲作は、少しずつ発展してきたというようなものではない。近年発見された遺跡は、稲作がはじめから完成されたかたちで導入されたことを示している。ゆえに、舟を駆使し移動性に富む稲作民が、水田の適地を求めて渡来し、移動・拡大を続けたとみてよい。だが、ここで、つぎのような謎が残る。

 自然人類学的調査は、稲作渡来民とともに、日本列島にいた人々の体形や顔つきが根本的に変わったことを示している。それは多くの稲作民が渡来したことを意味する。もしそうなら、言語も根本的に変わっていたはずである。

ところが、日本語は、先住民の言語(縄文語)がベースとなっており、さほどの変化がない。なぜだろうか。

 かいつまんでいうと、稲作民は小舟で少しずつ渡来した。そのため、言語的には先住民の言語に同化した。

だが、稲作民は当初少数であっても、生産力とともに人口増加率が非常に高く、やがて圧倒的な主流派となった、というのが著者の考えである。

« 古代米 観察 台風18号が九州に上陸 朝から雨、小杉さんは古代米の様子を観に。2017年9月17日 | トップページ | 台風18号通過・台風の中心より遠く離れている木更津でも、未明に風速30メートルを超える暴風雨・夜が明け古代米の田んぼを観に・被害はなし・良かった・・・、2017年9月17日 »

最近の記事