« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月29日 (水)

椿咲き始めソラマメを植える・草刈・子春日和の穏やかな1日2017年11月29日

小春日和のこの日、椿は咲き始め・ソラマメの苗を50株植える。午後は、北側の斜面の草刈を行った。

2017年11月27日 (月)

今年最後の古代米の籾摺り(小杉さん親子)300gの種もみが約30キロの古代米(玄米)になった・・・・約100倍 お米の素晴らしさを感じる・来年の種もみは、30キロのうちの4キロを。2017年11月26日

300gの種もみが約30キロの古代米(玄米)になった・・・・約100倍 お米の素晴らしさを感じる・来年の種もみは、30キロのうちの4キロを。

Dsc_0019_1280x853

Dsc_0017_1280x853

 

Dsc_0040_1024x683

Dsc_0032_1024x683_2

Dsc_0035_1024x683_2

Dsc_0017_1024x683

2017年5月14日 古代米の田植

Dsc_0047_1024x683

Dsc_0048_1024x683_2

Dsc_0026_1024x683

Dsc_0029_1024x683

2017年11月26日 (日)

おいしい竹の子を食べるために、みんなで竹林の整備を・終了後は柿もぎ。(木更津市清見台南町子供会と小杉さん親子)2017年11月26日

Dsc_0006_1280x853_2

Dsc_0011_1280x853

Dsc_0012_1280x853_2

Dsc_0014_1280x853_2

Dsc_0015_1280x853_2

Dsc_0024_1280x847_2竹林の整備は、これだけの人が参加すると、アッという間に終わる・感謝。

Dsc_0029_1280x853_2休憩後・小杉さん親子も加わり、みんなで柿もぎ。

Dsc_0030_853x1280

Dsc_0035_1280x853_2

Dsc_0032_853x1280

Dsc_0038_1280x903_2

2017年11月25日 (土)

伊豆島の元屋敷跡の竹林を伐採したら、夕焼けが切れに観える様になった。2017年11月24日

Dsc_0016_1280x853_2

Dsc_0011_1280x853_2

2017年11月24日 (金)

孫たちがやってきた・勤労感謝の日・朝からあいにくの雨・昼すぎから雨あがる。2017年11月23日

Dsc_0024_1280x853_2朝からあいにくの雨・外に出られない孫たちと、少し早いが、クリスマスツリーの組立。 Dsc_0026_1280x814そして孫たちとテントを組立

Dsc_0004_1280x853_4古代米(黒米)を籾摺りを行い、試食・ごはんが大好きな、ゆうた君・おいしいおいしい。

Dsc_0003_1280x853_2

来月に誕生日を迎えるしょうた君をつれて自転車を、アウトレットの隣のベイシアにみんなで見に行く・アウトレットは、車の大洪水に埋まっていた・昼食をとろうとアウトレットのフードコートに行ったが、ヒトひとで満員・イオンモールは正月でも空いていたので、イオンモールのフードコートに行ってみた・これまでに見たこともない大混雑だが何とか食事を。

中尾にもどり雨が上がったので、柿もぎ。

Dsc_0007_1280x853

Dsc_0005_1280x894_2

Dsc_0008_1280x853_2

夕食は夕近くの回転すし・大混雑で人があふれていたが、予約した6時に入ることができた。

Dsc_0011_1280x853_2

Dsc_0010_1280x853

Dsc_0016_1280x853_2

Dsc_0019_1280x853_2

Dsc_0021_1280x845_2

2017年11月18日 (土)

バケツ米作り・古代米の脱穀・籾摺りが簡単にできる。(小杉武の古代米バケツづくりにチャレンジしよう)

古代米以外でも、この方法でできます。

小杉武の提案・100%古代米を食べる

白米と古代米

2017年11月17日 (金)

今季一番の寒い朝・気温が5度を下回った・田んぼに残っていた稲をすべて収穫・すぐに庭先で天日干し開始。2017年11月17日晴天。

Dsc_0015_1280x853_2

Dsc_0016_1280x853_2

Dsc_0008_1280x853_2

Dsc_0013_1280x853画面・手前は銀杏

Dsc_0014_1280x853_3刈りとった時の水分量は17パーセント。

 

2017年11月16日 (木)

田窪恭治氏・2017年11月11日 黄金の林檎・聖心グローバルプラザにて。

Img_3979_1280x945この日、田窪恭治氏は午前中は、子供たちへのギャラリートーク

Img_3982_1280x953_2子供たちからの真剣な質問に、丁寧に答えていたのが印象的だった

Img_4006_1280x941

Img_4013_1280x960木更津の親戚グループと三條場さんグループの総勢16名は、昼から、田窪先生を囲んで食事をしながらの黄金の林檎のエピソードを聞く。

Img_4089_1280x954_2

Img_4057_1280x960_2

Img_4071_1280x891

Img_4070_1280x794_2中央の壁には、田窪恭治作・3・11被災地・鎮魂の陸前高田の林檎が飾られている。

Img_4073_1280x948_2

Img_4067_1280x960

Img_4066_1280x933_2

Img_4059_1280x919

Img_4069_841x1280_4

Img_4084_1280x931_2

Img_4076_1280x927_2

Dsc_0113_1280x829黄金の林檎の約100分の1のイメージマケット

2017年11月15日 (水)

田窪恭治 感覚細胞(コルク)長野県飯綱町へ 2017年11月14日

Dsc_0087_1280x853田窪恭治氏,長野県飯綱町に発送準備 2017年11月12日

Dsc_0089_1280x773_2渕田弥吉さんにも手伝ってもらった・感謝。

Dsc_0126_1280x853_2 11月14日・飯綱町の㈱ツチクラ住建の高野さん丸山さんが引き取りに来てくれた。

Dsc_0132_1280x853

Dsc_0130_1280x853_2

Dsc_0134_1280x853_2積み込みを終わり休憩後・飯綱町へ。

2017年11月14日 (火)

南清苑のみなさんの古代米試食会2日目 古代米試食・そして床の間の月の砂漠(尾高正晃作)の掛け軸を見つけ歌い始める。

古代米試食後・古代米について熱心に質問をする,南清苑の皆さん。

千葉県御宿町にある月の砂漠記念館

Kinenzo_2

 

掛け軸・月の砂漠・尾高正晃作

Dsc_0002_1280x853_2

Dsc_0003_1280x853_3

Dsc_0001_853x1280_2

南清苑の皆さん 古代米の試食会 2017年11月13日 古代米試食会第1回目

2017年11月10日 (金)

これまでの南清苑の皆さんの新米試食会の様子。

2015年10月19日の新米試食会。今週は、先週みんなで刈り取ったお米の新米の試食会・玄米を精米し、すぐに炊いて試食。

2016年10月20日の新米試食会

Dsc00599_1024x576

Dsc00581_1024x576

2017年11月 8日 (水)

南清苑のみなさんの稲刈り(古代米)・柿もぎ・昨日に続いて2回目2017年11月7日

Dsc_0069_1280x952_2

この日は、古代米を刈りとるグループ・柿もぎをするグループ・柿むきをするグループに希望者を募り行った。

 この日刈りとった古代米と9月に皆さんで刈りとったコシヒカリの試食会を11月13日・14日に行います。

Dsc_0025_1280x853_2

Dsc_0018_1280x853_2

Dsc_0026_1280x840_2

Dsc_0027_1280x853_2

Dsc_0031_1280x853_2

Dsc_0032_1280x853

Dsc_0008_1280x853

Dsc_0006_1280x853_2

Dsc_0007_1280x853_2

Dsc_0034_1280x836_2

Dsc_0033_1280x853_4

Dsc_0062_1280x850_3

Dsc_0060_1280x853_2

Dsc_0035_1280x805_4

Dsc_0043_1280x839_2

Dsc_0071_1280x853_2

Dsc_0047_1280x853_2

Dsc_0046_1280x853_3

2017年11月 6日 (月)

南清苑のみなさんの稲刈り(古代米)・柿もぎ・11月生まれの3人に誕生日のお祝いを。2017年11月6日

2017年11月 5日 (日)

コルク(田窪恭治作品・感覚細胞)を先祖の供養塔に敷き詰める。(コルクは、田窪恭治と新日鉄住金との共同開発製品)

Dsc_0026_853x1280_2

木更津市ほたる野・密蔵寺。この丘の墓所からは、富士山と新日鉄住金の君津製鉄所が望める。

Dsc_0041_1280x853_2

Dsc_0043_1280x853_2

Dsc_0017_1280x853_2

Dsc_0013_1280x853_2

Dsc_0021_1280x853_2

Dsc_0039_1280x824_2

Dsc_0030_1280x853_2

Dsc_0029_1280x823_2

Dsc_0006_1280x842

古代米(黒米)の初めての試食(育苗から育てた古代米の味は特別な味が)2017年11月5日  2017年11月5日 

Dsc_0012_1280x853_2初めての古代米の刈り取りをする小杉さん(苗を自宅で育て、この田圃に植え、ようやく刈り取りが。

Dsc_0013_1280x853_3田んぼの中にハ―ベスタを持ち込み、脱穀。

Dsc_0006_1280x853乾燥後・この機械をとうし、籾をはづす・黒光りした古代米。

Dsc_0007_1280x853

Dsc_0015_1280x1004_2さっそく、古代米を炊いてみた

Dsc_0016_1280x970_3 

今年最後の銀杏収穫(淵田さんご夫婦と)約10キロの銀杏を収穫 2017年11月2日

Dsc_0067_1280x675_2伊豆島で採取して中尾の家で、高圧洗浄機を使って銀杏の実を取り出す。

Dsc_0070_724x1280_2

Dsc_0075_624x1280_2

清見台の自宅の庭で天日干し

 

2017年11月 1日 (水)

隣の畑に邪魔な大木3本を尾高康雄さんに伐採してもらった・感謝。2017年11月1日

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

最近の記事