« 木更津・高柳にあった至徳堂/今から200年前の西上総で始まった先進的な庶民教育の場(銚子塚古墳の南面)を観に行く・JR内房線の線路脇にあった。 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます木更津中尾伊豆島プロジェクト »

2017年12月28日 (木)

高柳銚子塚古墳(南北に全長142mで千葉県第2位の大きさの前方後円墳) 千葉県に古墳が多いのはなぜ・・?

Dsc_0006_1280x853_2南より古墳を観る

Dsc_0007_1280x853_2北より古墳を観る

Dsc_0012_853x1280_2古墳中腹から南方向を観る

以下の記事はネットからの転載です・感謝

Img_1_4

高柳銚子塚古墳(たかやなぎちょうしづかこふん)は、千葉県木更津市にある前方後円墳である。

概要[編集] 金鈴塚古墳など後期首長系古墳の群在する祇園・長須賀古墳群の北方1.8キロの砂丘状に単独で立地する。

主軸を南北に向ける前方後円墳であったが、明治末年の鉄道工事の際に前方部が破壊され、戦時中に陸軍高射砲指揮所の設置により後円部中央が大きくえぐられた。墳丘から埴輪が採取されており、5世紀中頃の築造とみられる。

ネットからの転載です・感謝

古墳が現在たくさん残っているというのは2つの理由があります。

1 古墳時代は重要な拠点(大きな国)があった。

2 その後の開発等で古墳を破壊することがなかった。

先に回答されている方がいうとおりに、他の地域ではその後の開発で古墳の多くが壊されています。つまり、千葉は他の地域であったような開発が現代になるまでそれほどなかったということです。

もう一つについては、千葉は古代は重要拠点であったことがわかっています。地図を見ると千葉南部(上総の国)あたりは山がちです。

古代の関東平野は湿地帯だらけでした。このため武蔵国はかつて東山道に属しており、西からのルートは上野国経由で南下した方が便利だったとことがわかっています。そうなると、太平洋側の地に行くには、武蔵経由ではなく、相模から船にのって向かいの地に渡った方が便利でした。このため、千葉の南部が都に近い「上」総で、千葉の北部が都から遠い「下総」となったわけです。

このように、太平洋側の地域に行くための重要拠点であったため、阿波にいた忌部氏が移住してきた土地が安房国だというような伝承も残っています。また、ヤマトタケルの東国遠征でも三浦半島から上総国に渡ってから北上するなど古代においても重要なルートでした。日本の古代の丸木船の多くが千葉で見つかっています。

このようなことから、安定した台地をもち、東海地方と東北関東の太平洋側の地域との交流拠点であったことから古来から「総(ふさ)」の国は様々な豪族たちがひしめき栄えており、のちに上総、下総に分割されるぐらいに豊かな地方だったと考えられています。

ところが、奈良時代の後半にもなると武蔵国の開発が進み、東山道から東海道に属するようになると房総半島の大半が主要交通ルートから外れてしまい、それらの地域は重要な拠点とはみなされてなくなってしまいました。

 

« 木更津・高柳にあった至徳堂/今から200年前の西上総で始まった先進的な庶民教育の場(銚子塚古墳の南面)を観に行く・JR内房線の線路脇にあった。 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます木更津中尾伊豆島プロジェクト »