« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月29日 (木)

5月の連休の田植に備えて、3月28日田んぼに注水(地下100mから汲みあげる)桜は満開・春爛漫。

youtubeから動画配信

写真をフォトアルバムに

2018年3月27日 (火)

満開の桜の木の下で太郎くんの卒業のお祝いの会 2018年3月25日

Dsc_0014_1280x1048_2_2

Dsc_0004_1280x845

Dsc_0006_1280x853_2_2

Dsc_0007_1280x835_2_2

木更津市伊豆島の屋敷跡の里山にて(こぶしの花・さくらの花の下で花見をしながら太郎君の卒業を祝う)

Dsc_0017_1280x887_2

Dsc_0010_1280x853_2_2

Dsc_0011_1280x853_2

Dsc_0012_1280x853_2

Dsc_0016_1280x853_2

Dsc_0026_1280x853_2お祝いの会終了後に田んぼビオトープ周辺で皆でノビルを取りに行く。

Dsc_0032_1280x853_2

Dsc_0034_1280x853_2_2

Dsc_0037_1280x853_2_2

Dsc_0038_1280x853_2_2

Dsc_0039_1280x853トウキョウサンショウウオの卵のうを見つける

Dsc_0043_1280x874

2018年3月20日 (火)

鎌足桜 今年も相里(そうり)公園(木更津市清見台南1丁目)に清見台南町内会の皆さんで植樹・合計で4本に)2018年3月

鎌足桜・育成地から掘りだし相里公園(木更津市清見台南1丁目)に植樹

Dsc_0001_853x1280_3 今年も、鎌足桜保存会から立派な鎌足桜の苗をいただいたので、今年も相里公園(木更津市清見台南1丁目)に清見台南町内会の皆さんで植樹

Dsc_0003_1280x853_2

相里(そうり)公園(木更津市清見台1丁目)の日当たりの良い南側の斜面の上部に南町内会の皆さんで植樹(鎌足桜が綺麗に咲いたら写真を掲載します。

Dsc_0037_1024x683

相里公園の名の由来・地名は里伝によれば村の位置が太田と永井作の間に在ったことから「間里(あいさと)」と称していたが、のちに「相里」と改め「そうり」に変じたという。

Dsc_0032_683x1024昨年、いただいた鎌足桜は、4月末に咲き始めました。

Dsc_0035_1024x683清見台南町内会長の淵田弥吉さん(昨年の4月末に撮影)

Dsc_0031_1024x683昨年鎌足桜保存会からいただいた鎌足桜を3本、公園の南側に植樹した。

Dsc_0023_683x1024

町内会長の淵田弥吉さんのご自宅の庭には、3年前、鎌足桜保存会からいただいた鎌足桜が,幹の直径12センチ・高さ3,5メートルに大きく成長。

2018年3月19日 (月)

田窪恭治 2017年の活動を映像から (1986年から2017年の活動を映像から)

1986年 撮影 材料を入手して行徳のアトリエへ


1986年行徳アトリエからフジTVギャラリーでの田窪恭治展へ

1986年 行徳アトリエでTAKUBOを語る。

1987年 世田谷美術館にて家公開制作(1)

1987年 世田谷美術館にて家公開制作(2)

1987年 世田谷美術館にて家公開制作(3)

1987年 絶対現場 (1)

1987年 絶対現場 (2)

1998年3月31日 彫刻の森美術館にて田窪恭治展開催 礼拝堂プロジェクト構想の発表。

1988年10月 フランス・サンマルタン・ドミュー村 村議会に提案・承認

1989年11月 礼拝堂模型完成

1989年1月 教会石膏模型撮影

1990年1月26日から2月6日 フジTVギャラリーにて 田窪恭治ーサン・ヴィゴール・ド・ミュー礼拝堂プロジェクト展

1992年7月30日 サン・ヴィゴール・ド・ミュー礼拝堂プロジェクト日本支援委員会発足

1992年10月26日 はつり後の教会 昭和電工会長 鈴木治雄氏現地訪問

1992年はつり後の礼拝堂の様子。

広島市立美術館 1992年2月



この大型リトグラフができるまでをYOUTUBEから動画配信

1994年 屋根ぐみ・ガラスパネル・夜の屋根ガラス

 

田窪恭治 フランス・林檎の礼拝堂 報告会の全記録93分 撮影・編集 尾高俊夫 YOUTUBEより配信

林檎の礼拝堂プロジェクト TV番組 地球の声・全90分を①から③に分割・YOUTUBEより配信・撮影・尾高俊夫。


1996年11月フジTVギャラリーでの田窪恭治展・多摩美大学生との交流会

Dsc_0218_1024x683

田窪プロジェクトの初期は、1インチテープ・4分の3Uマチックテープ・そしてベーターカムテープへと・現在各テープとも、再生することが難しくなってきた。ビデオの歴史をたどっているようなプロジェクトの撮影だった。

Dsc_0225_1024x683

 

2015年9月 長野県飯綱町 アップルミユ-ジアムにて巨大林檎壁画制作

2015年11月 長野県 いいやま広小路再生(1)
 

2015年11月 長野県 いいやま広小路再生(2)

 

田窪恭治 黄金の林檎 2016年9月14日から2017年1月24日までを6本のフォトムービーで観る。制作・著作・三條場洋子

(1)2016年9月14日

(2)9月17日

(3)10月22日

(4)11月17日

(5)2017年1月20日

(6)1月24日

2017年6月23日 聖心グローバルプラザ・黄金の林檎シンポジウム開始前の様子。

制作・著作 尾高俊夫

黄金の林檎 田窪恭治  4kドローン撮影全4分 映像制作・著作・ 尾高俊夫・小杉武・三條場洋子

  

田窪恭治 黄金の林檎 完成記念シンポジウム上映版・黄金の林檎制作過程4K記録映像(全13分) 映像制作・著作・尾高俊夫・小杉武・三條場洋子

p>Img_3835_2

田窪恭治 2016年の活動を映像から 木更津・長野・東京

長野市・善光寺表参道・ギャラリー・ガレリアにて田窪恭治展開催2016年4月29日(金・祝)~5月10日(火)

サン・ヴィゴール・ド・ミュー礼拝堂(フランス・ノルマンディ)プロジェクトの10年間お世話になったファレーズ1のレストランの元オーナーシェフのご夫妻も、今回の田窪恭治展に駆けつけてくれた。

田窪 恭治展

ノルマンディの林檎の礼拝堂再生が終わって十数年。田窪恭治は現在、北信濃の飯綱町と飯山市で、壁画制作や街並み再生プロジェクトに取り組んでいます。林 檎が取り持つ縁でしょうか。 石川 利江

私は飯綱町の田園風景を車で走りながら次々と現れる林檎畑を見ながらノルマンディの田園風景を思い出し、まるで地球の裏と表を鏡で見ているような気分にな りました。それは私の中でノルマンディと飯綱町が「林檎」によって結び付けられた瞬間でもありました。 田窪 恭治

085_930x1280

084_930x1280

田窪恭治 最新作、6曲1双の屏風画・伊豆島のヤブツバキが同時に公開展示。

005_1280x853_2

伊豆島のヤブツバキの公開制作の様子をドローンで撮影記録

 

田窪恭治公開制作をドローンで撮る・YOUTUBEから動画から動画配信

 

2018年3月18日 (日)

田窪恭治 2015年の活動を映像から 長野県飯綱町・飯山市

いいづなアップルミュージアムにて大型壁画制作

 

長野県飯綱町・いいづなアップルミュージアムを空撮(撮影・小杉武)。飯綱町は、日本一の林檎の町。

信濃毎日に田窪氏の活動が紹介された・信濃毎日 2016年4月30日刊

089_1280x930_1024x744_2

017_1024x683林檎の花の壁画を描いた場所は、飯綱町下赤塩の北信五岳を一望する 一面の広大な林檎畑の中の、今回壁画を書いた林檎の木・その前に田窪恭治氏に立ってもらった。  この場所は、日本一の林檎の町を宣言するにふさわしい素晴らしい環境だ。

018_1024x683

林檎畑の向こうに北信五岳の一つ斑尾山1383m

019_1024x683

021_1024x683林檎畑より見下ろす中央の建物は、三水第2小学校

023_1024x683_2

026_1024x683

028_1024x683_2

029_1024x683

昨年に林檎の壁画を書いた場所。この周辺の林檎の木を組み合わせて壁画を完成させたとのこと 030_1024x683

031_1024x683_2

034_1024x683

040_1024x683_2

041_1024x683_2

046_1024x683_2

015_1024x683今回の林檎の壁画は、現在、飯綱町の牟礼駅に展示されており、現在はいいづなアップルミュージアムに、林檎の壁画と一緒に展示。

060_1024x683

061_1024x683

057_1024x683

056_1024x683_2

058_1024x683

065_1024x683_2この日は、町会議員の石川さんの案内で、林檎畑を観て回った・感謝。

飯山市広小路地域を空から撮影2015年11月14日

いいやま広小路再生 長野県飯山市広小路会議主催チャペル・エントランス完成イベントの記録。撮影2015年11月14日

長野県飯山市大字飯山 2278 飯山復活教会を空から観る 2015年10月撮影

2015年9月撮影 飯山復活教会の前で田窪恭治氏

238_1024x683

244_1024x683

2018年3月17日 桜が咲き始めた・春が来た・・・明日からはお彼岸。

Dsc_0025_1280x853_4明日からお彼岸・久里浜霊園にお墓参りに

Dsc_0026_1280x853_2東京湾の対岸・浜金谷と久里浜を結ぶフェリーが行き来している

Dsc_0027_1280x853_3三浦半島では、桜がこんなに咲き始めている

Dsc_0030_1280x853_2

Dsc_0034_1280x853_2キブシの花が咲き始めている

Dsc_0035_1280x853

Dsc_0040_1280x853_2

Dsc_0043_1280x853_2お墓参りの帰り・弘明寺の大岡川の桜並木を観に行く・咲き始めている・川のすぐわきにある大岡小学校の卒業式が行われている

Dsc_0044_1280x853_2

Dsc_0048_1280x853_3中尾の家の里山・ミツバツツジが満開

Dsc_0052_1280x871_2

Dsc_0049_1280x853_2

Dsc_0060_1280x854_2桃の花も、こんなに膨らんできた

Dsc_0063_1280x853ハルニラの花が満開

Dsc_0065_1280x853

Dsc_0069_1280x853_4

Dsc_0066_1280x853_3

Dsc_0078_1280x853_2

Dsc_0075_1280x853_3火鉢に椿の枝を生ける

Dsc_0073_853x1280_2

Dsc_0077_1280x853椿の花を大釜に浮かべる

Dsc_0076_814x1280_2

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »