« 撮影用のイントレ代わりに足場を組み立ててみる・なんとか使えそうだ。2018年6月23日 | トップページ | 異常な猛暑が続く…田圃の稲は元気よく一斉に穂が出てきた・孫が植えた朝顔は今朝は60もの花を咲かせた。2018年7月23日早朝 »

2018年7月 7日 (土)

大理石モザイク作家 上 哲夫氏 黄金の林檎モザイク壁画を語る

Dsc03429_1280x621 聖心グローバルプラザ入口ホールの黄金の林檎(大理石モザイク)

  

田窪恭治 黄金の林檎 完成記念シンポジウム上映版・黄金の林檎制作過程4K記録映像(全13分) 映像制作・著作・尾高俊夫・小杉武・三條場洋子

黄金の林檎 田窪恭治  4kドローン撮影全4分 映像制作・著作・ 尾高俊夫・小杉武・三條場洋子

そして、イタリア ラヴェンナ  Ravenna へ

世界遺産モザイク芸術の町(ビザンテイン美術) イタリア ラヴェンナ  Ravenna モザイク芸術の宝庫

ビザンテイン美術 5世紀から15世紀の東ローマ帝国で発達した美術の体系

ラヴェンナは、ヴェネツィアの南、アドリア海に面した、ビザンテイン美術の花咲いた古都である。

ラヴェンナの初期キリスト教建築群は、イタリアのラヴェンナにあるユネスコの世界遺産登録物件名。登録は1996年。5世紀初頭から6世紀末に建設された初期キリスト教の聖堂・礼拝堂を対象とする。

 

ガッラ・プラキディア廟堂(Mausoleo di Galla Placidia イタリア語発音ではガッラ・プラチーディア)

Src_18601840

、イタリアのラヴェンナにある末期ローマ建築の霊廟。今日ではサン・ヴィターレ聖堂に隣接するため、それに付属しているように見えるが、本来はサンタ・クローチェ教会堂の付属建築物として5世紀に建設されたものである。

 

2017年10月14日から公開(日曜日以外は、一般の方でも見学可能)・東京・広尾・聖心女子大・聖心グローバルプラザ・大理石モザイク・黄金の林檎・田窪恭治

Dsc03429_1280x621 聖心グローバルプラザ入口ホールの黄金の林檎(大理石モザイク)

  

田窪恭治 黄金の林檎 完成記念シンポジウム上映版・黄金の林檎制作過程4K記録映像(全13分) 映像制作・著作・尾高俊夫・小杉武・三條場洋子

黄金の林檎 田窪恭治  4kドローン撮影全4分 映像制作・著作・ 尾高俊夫・小杉武・三條場洋子

Dsc_0002_1280x592_2

そして、イタリアへ

世界遺産モザイク芸術の町(ビザンティン美術) イタリア ラヴェンナに行きたいと思って、米作りの相棒の小杉さんに聞いたら、僕は、20数年前にイタリアのラヴェンナにいったことあるよ・・・・美術史にビザンティン美術って、あるじゃない……の返事・・・・残念だったのは、ラスコーの壁画を観ることができなかったことだと・・・・・負けました・・・・。(この写真は中尾の自宅・後ろの壁には大理石モザイク・田窪恭治作・黄金の林檎のマケット・左が小杉さん真ん中が飛澤さん右が尾高・撮影は三條場さん・今年の収穫に乾杯の集まり)

Dsc_0047_1280x845_2

イタリア観光のメインルートからはずれているが、モザイクに興味のある人には、ラヴェンナを抜きにしてモザイクを語れないほど重要な町といえる。光輝く圧倒的な『世界遺産指定のモザイク遺跡』は町中にあふれ、一度見たら心を奪われ忘れられないほどの素晴らしさだ。

ラヴェンナ案内サイトへ http://aprireweb.com/ravenna

 

この旅行記を作った方のHPへ http://yachanyochan1103.pya.jp/tabipageItalia1.html

Dsc_0032_1280x799_2イタリア/ ラヴェンナ郊外の畑に巨大モザイク画出現の ニュースが流れた。

« 撮影用のイントレ代わりに足場を組み立ててみる・なんとか使えそうだ。2018年6月23日 | トップページ | 異常な猛暑が続く…田圃の稲は元気よく一斉に穂が出てきた・孫が植えた朝顔は今朝は60もの花を咲かせた。2018年7月23日早朝 »